(本編)こどもの日

 

 

・元から小っちゃい(ロリショタ)子には影響なし

 

・口調が幼く(漢字減少)なるパターン

 

・性格はそんなに変わらない

 

・服や身につけているものも身長と一緒に縮む

 

・一日で元通り

 

 

チュリグ 保護者 ハサマ様

 

 

「………………………また?」

 

 

▽ 恒例のというやつだな

 

 

「だよねー」

 

 

▽ 例によって日が経てば戻る

 

 

「何でこういうことするのかがすごい気になるんだけど」

 

 

「ひょっほひははははふひはひ?(ちょっと力技すぎない?)」

 

 

▽ ふーむ?何のことかね?

 

 

「甘いしおいしいから別にいいけどさー」

 

 

▽ だろう?

 

 

「びっくりしたんだけど…………消えたし」

 

 

「何で口の中におかし入れられてるのですかわが王」

 

 

「落ち着いてるねグリムちゃん」

 

 

「…………気もちがふくざつですけどなれました…………」

 

 

「………あーグリムちゃんも?」

 

 

「クロマ」

 

 

「おきたらこうなってたよ…………」

 

 

「みんなもえいきょう出てけっこう大変なんだ」

 

 

モカはいつも通りでよかったけど」

 

 

「それにしてもこのくらいになるとよくないことを思い出しますね」

 

 

「あーそれ分かるー」

 

 

「…………ハサマが分裂できたら落ち込んでる子たちを元気にしてたんだけどな」

 

 

「(やれたとしたらどのくらい作るのでしょうかこの方)」

 

 

「(いっぱいだと思うよ)」

 

 

「とりあえずクロマちゃんのところ手伝いに行こうかー」

 

 

「え?」

 

 

「大変みたいだからねー」「グリムちゃんも一緒に行こうねー」

 

 

「わかりました」

 

「ありがたいね」

 

 

「これもこれでいいものだなーえへへー」

 

 

サクチュアリ 保護者 イグパパ

 

 

「我が神ー?朝だが」

 

 

「………………なに?」

 

 

 

「…………おぉ…………幼くなっている………」 

 

 

 

 

 

「…………………………はぁ………」

 

 

「ご主人………今度は貴方でしたか…………」

 

 

「そうだよ………」

 

 

「俺が守護(まも)らねば」

 

 

「こうなったからかよくわからないけど目ざめたんだよコイツ…………」

 

 

「パパー!シャルも抱っこするー!!」

 

 

「……………………………………………」

 

 

「………………離してくれる…………のでしょうか………」

 

 

「我が神」

 

 

「あーうんやっといて」

 

 

「(普通に渡されました)」

 

 

「ママぷにぷにー!!!かわいー!!」

 

 

「立ばがぎゃくになった」「まあいいけど」

 

 

「……………尊い…………」

 

 

「意見が合うとは珍しいですね………」