(本編)書いてる途中で寝てしまったようだ

出てくる方々(このコーナーは不定期)

 

ヴァニタス・ネサンス

 

「同情」の男性サムサール。マシンガントークはデフォルト。歴史の研究をしており本にまとめていることもある。

 

 

ハサマ王

 

子供のような無性のアルビダ。自然現象を起こせる。チュリグ最強の存在にして国王。可愛いが恐ろしい。

 

グリム

 

王の代理をすることもある冷静な女性アスラーン。チュリグのNo2。亜空間を操作出来る。

 

ナツメ

 

王の側近で過激派の少女。お人形のような可愛さを持った人間。口数が少ない。蒼い炎を使える。

 

 

 

 

※歴史にあまり関することではないため本にする気はない

 

 

ハサマ王は民や旅行者に対して距離を取ろうとしないが相手によって変えており私を視認した場合は笑う程度で会話をすることはない

 

 

側近から聞くところによると過激派に属する者と戯れているようだ

 

 

玉座で膝の上に乗せたりラビリンスに連れて行ったり昼寝目的で自宅に訪問したりと

 

 

民に寄ってこそいるが権力者に違わないであろう自由奔放さだ(中傷ではない)

 

 

過激派というのは王に対する忠誠心が一際高い集団のことを指す犯罪者など良からぬものが発生した場合など積極的に行き穏やかな者から恐れられている

 

 

 

属性を扱うのに長けているのか精霊が多く妖怪や人間は稀である

 

 

一見すると過激派に対する贔屓のように思えるが求められれば彼はする

 

 

 

 

 

改めて示すことでもないが彼は民からの人気を一身に受けている

 

 

現在の他国に関して私はまだ調べていないため不明

 

 

チュリグに住んでいる理由を聞いたことはあるためいくつか記しておこう

 

 

・ 怖いと思うこともあるが皆優しくて空気が美味しい

 

 

・ 別に働かなくても住めるから たまに手芸しててそれが売れたら嬉しいし

 

 

・ 仕事疲れで休んでたらいつの間にかこうなっていた 国王可愛い

 

 

 

 

別の世に行く者がいないのは国王との距離感と助け合いとやらだろうか 

 

 

………徹夜が祟ったのだろうか 視界が