(本編)見つかった

 

 

グリム「何処に行ったのでしょうかあの方」

 

 

 

グリム「亜空間使うわけにもいきませんし」

 

 

 

グリム「おや似たような方が」

 

 

 

 

ハサマ王「…………………………Zzzzzzzzzzzzz」

 

 

 

グリム「違いました。本人でした。」

 

 

 

グリム「………何故このようなところで寝てるのですか?」

 

 

 

グリム「わーがーおーうー?おーい」

 

 

 

ハサマ王「………………………………」

 

 

 

 

ハサマ王「………………………」

 

 

 

 

グリム「あのー?」

 

 

 

 

ハサマ王「…………グリムちゃん?」

 

 

 

グリム「はい」

 

 

 

ハサマ王「……いやー無性に静かなところに行きたかったものでね…………」

 

 

 

 

 

ハサマ王「……ふわぁ」

 

 

 

 

ハサマ王「…………んぅ?」

 

 

 

グリム「瞼を擦るのは悪影響しかありませんので止めさせていただきました」

 

 

ハサマ王「ありがと」

 

 

 

グリム「甘い飲み物を貰いましたので摂取してから屋台に行きましょうか」

 

 

 

ハサマ王「うん」