(本編)神輿

 

 

祐馬(ゆうま)「祭りの神輿制作!?」

 

 

市代(いちよ)「そうよー」

 

 

祐馬「……………修復専門のところの家じゃなかったっけ俺………」

 

 

 

市代「お父さんがどうしてもって」

 

 

祐馬「よっし!!やるか!!!!」

 

 

 

 

 

 

祐馬「とは言ったけどあまり俺自分でデザインとかそういうの得意ではないんだよなー」

 

 

プリム『旦那様何してるんですか?』

 

 

祐馬「仕事だよプリム」

 

 

祐馬「材料はともかく見た目がなかなか思いつかなくて困っているんだ」

 

 

プリム「調べてみますね」カタカタ

 

 

祐馬「ありがとう」

 

 

 

次の日

 

 

鉄蔵(てつぞう)「おい祐馬ちょっと来いや」

 

 

祐馬「はい」

 

 

 

 

祐馬「…………あのーここ港……」

 

 

 

鉄蔵「突然だが里帰りだ」

 

 

 

祐馬「……………はい?」

 

 

 

鉄蔵「里帰り」

 

 

 

祐馬「なんで!?」

 

 

プリム『楽しみです!』

 

 

祐馬「待って待って待って母さんに連絡は!?」

 

 

鉄蔵「安心しろとっくにしてある」

 

 

鉄蔵「頑張ってねお土産よろしくだとよ」

 

 

祐馬「よかった………………」

 

 

 

 

鉄蔵「着いたぞ」

 

 

鉄蔵「何でと言われてもあそこだと狭くてやりにくいからだが」

 

 

鉄蔵「ここだぞほら入れ入れ」

 

 

祐馬「ハイ」

 

 

「…………誰だあの小童……………」「小僧……」「坊主…………」「若者………」

 

 

 

祐馬「…………失礼しました」

 

 

 

鉄蔵「なに逃げようとしてんだ祐馬ここで合ってるぞ」

 

 

祐馬「へ????」

 

 

「鉄蔵じゃねえか久しぶりだなおい」

 

 

「この若造テメエの息子か?」

 

 

「何の用で集めたんだ?なあ?」

 

 

プリム「いい人なのかわるい人なのかよくわかりません」

 

 

鉄蔵「話してなかったか?神輿だっつってんだろお前ら」

 

 

「そりゃ随分な大事じゃねーか」

 

 

 

「腕がなるな全くよぉ」

 

 

 

鉄蔵「こいつは一人息子の祐馬だ」

 

 

「あ?ゆま?」

 

 

「うが抜けてるぞ」

 

 

「大丈夫か?こんな奴で」

 

 

祐馬「祐馬ですよろしくお願いします……」

 

 

 

「おう足引っ張んなよ若旦那」

 

 

「若大将」「挨拶はできんだな」

 

 

鉄蔵「俺は寝に入ってるから無闇に起こすなよ」

 

 

「おうお疲れ」

 

 

祐馬「(逃げ道塞がれたー!)」

 

 

 

プリム「頑張ってください旦那様!」

 

 

 

祐馬「(蜘蛛の糸も切れたー!なにこの極限状態!)」

 

次の日

 

 

祐馬「…………………………………………」

 

 

「…………こいつさっきから見てきやがる……盗む気か……?」

 

 

「さあな……さっきからあの調子だし熱意は認めてやる…………目が血走ってんなオイ……」

 

 

「ところで何で水が置いてあんだ?目の疲れか知らんが浮いてたんだが」

 

 

「氷入りでうっっっめっっ!!まあよしとしとくか」

 

 

祐馬「………目薬差しとこう……」

 

 

 

次の日

 

 

「犬!」「猫!」「狼!」「龍!」「蛇!」「猪!」「虎!」

 

 

「羊!」「馬!」「鳥!」「狸!」「蝶!」「蜂!」「豚!」

 

 

「甲虫!」「鍬形!」「百足!」「狐!」「ラクダ!」「蜘蛛!」

 

 

「鮫!」「イルカ!」「鯱!」

 

 

 

祐馬「……………………盛り上がってる」

 

 

プリム「色んな動物さんがいるんですね」

 

 

祐馬「(虫も混じってるけどな)」

 

 

鉄蔵(通話中)『そろそろ決めねーと白熱しっぱなしになるが』

 

 

祐馬「そうですねまだ寝てていいんですけど父さん」

 

 

鉄蔵『聞こえんなあ』

 

 

祐馬「すみませんそろそろ決めたいのですが!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祐馬「どうもお久しぶりですちょっとお願いがありまして………」ヒソヒソ

 

 

紗雪(さゆき)「………………………………ん?」

 

 

シャルロッテ「なになにー?」

 

 

イグナーツ「……………………………」

 

 

稲荷(いなり)「????」

 

 

紗雪「………まあいいけど……」

 

 

祐馬「許可とれましたよー!!!!」

 

 

紗雪「……………よく分からないけどあまり乱暴にはしないでよ?」

 

 

祐馬「はい」即答

 

 

稲荷「いったい何がはじまっ」収納

 

 

 

紗雪「後で綿菓子山ほど買うから頑張りなよー」

 

 

稲荷「コャン…………………」放心

 

 

「にしてもでかすぎたか?」「持ち上がんのかこれ?」

 

 

ピーンポーンパーンポーン

 

 

 

『突然ですが力持ちの方神輿付近に集まってください。繰り返します……………』