(本編)夕暮れで

 

 

ハサマ王「ちょっと泳ぐからグリムちゃんも先帰ってて」

 

 

グリム「わかりました」亜空間に消える

 

 

 

ハサマ王「………………よいしょ」伸びをする

 

 

ハサマ王「そろそろ波来るかなー」待ってる間サーフボードを砂浜に刺してみる

 

 

ハサマ王「きたきた」ちょっとだけ走る速度を上げてダイブ

 

 

ハサマ王「冷たーい!」手でぱちゃぱちゃ漕いで進む

 

 

ハサマ王「んー?」波がもう目の前に

 

 

ハサマ王「おわー!」思い切り被っちゃう

 

 

ハサマ王「ちべたいしょっぱい」全身びしょ濡れ

 

 

ハサマ王「ふう………」海面の上に立ってサーフボードを徒歩で拾う

 

 

ハサマ王「やり直しっと」頭を左右に振って海水をまき散らす

 

 

ハサマ王「第二波ー!」被ったのよりも大きな波を見る

 

 

ハサマ王「よっし!」乗れたことにドヤ顔を披露して波から下りる

 

 

ハサマ王「るんるん!」元の場所に飛び跳ねながら戻るとサーフボードと残った自分の荷物を持つ

 

 

ハサマ王「かーえろ!」竜巻で帰って行った