(学園)母の日

 

 

「ねーねー稲荷」

 

 

 「なんでしょうかシャルロッテ様」

 

 

 

「今日はね母の日」

 

 

 

「ママは何したら喜んでくれるかな?」

 

 

 

 

「稲荷的にはシャルロッテ様が生まれたことが嬉しいと思いますよ」

 

 

 

 

「そうだけどそうじゃなーい!!!!」

 

 

 

「!?」

 

 

 

 

「お花とかおいしいものとかびじゅつひんとかぬいぐるみとか色々あるでしょー!」

 

 

 

 

「よくそんなに知ってますね!?」

 

 

 

 

「しろいおーじさまに教えてもらったー!」

 

 

 

 

「おじ……いや王子様!?初耳なんですけど誰ですかその方!」

 

 

「学校おさんぽしてたらぶつかっちゃった時にね!保健室にはこんでくれたの!聞いたらこーとーぶみたい!!はだとかかみ白くてキレイだったの!!」

 

 

 

 

「(誰かは分かりませんが大変お世話になりました仮称白い王子様!!)」

 

 

 

「聞き捨てならないことを聞いた気がする」

 

 

 

「ご主人いつのまに!?」

 

 

 

「その白い王子様って何?お友達かな?学校いく日になったらその子の名前と予定を聞いておくといいよシャル。仲良くなるのはいいことだから。」

 

 

 

 「(怒ってなくてよかったです)」

 

 

 

「話は変わるけど着替えてカフェ行こうか、汚れたらマズいものだしね。」

 

 

 

 「わーい!!!!!」

 

 

 

「(ご主人の貴重な洋服姿!?)」

 

 

 

「あ、稲荷とストーカーは留守番ね。代わりに写真見せるからそれで勘弁」

 

 

 

「わかりました!」

 

 

「ではな我が神とシャル!!」

 

 

「お待たせしましたお客様、こちらブラックコーヒーとストロベリーホイップスムージーになります」

 

 

 

 「……素敵な親子ですね、良いものです。」

 

 

 

「それはどうも有難う」

 

 

「おいしい!!!!」 

 

 

 

「シャル、なんか欲しい服とかアクセサリーとかある?」

 

 

 

「お花可愛い!!」

 

 

 

 

「(と言ってるシャルが可愛い)ワンピースねいいよ。試着しておこうか。」

 

 

「わーい!!!」

 

 

 

「あー撮影はかどるー」

 

 

 

「それで楽しかったかい?」

 

 

 

「うん!!ありがと!!」

 

 

 

 

「ならよかった、帰ろうか。」

 

 

 

 

「むー…………一日終わるのやだ………」

 

 

 

「また楽しくなるかもしれないのに?」

 

 

 

「それほんと?」

 

 

 

 

「何かすればだけどね」

 

 

 

 

「たとえば?」

 

 

 

 

「………生きること、とか」

 

 

 

 

 

「がんばる!!!」

 

 

 

 

「でも程々にね」

 

 

 

 

「はーい」

 

 

 

「………送った写真二人とも反応早いなさすがだよ本当に。」