(本編)温泉でお休み

受付

 

係員「何名様ですか?」

 

紗雪「二名で」

 

シャルロッテ「こっちも二名!!!」

 

係員「後ろの可愛らしい女の子と狐さんは?」

 

紗雪「娘とペットですね。」

 

係員「はーい分かりました!ごゆっくりお楽しみ下さいね!」

 

紗雪「…………さっさと行くぞ」

 

イグナーツ「御意」

 

 

 

係員「君達もねー!湯天源楽しんでいってね!撫でても大丈夫かな!?」

 

シャルロッテ「きゃーい!」

 

係員「それはいいということだね!?可愛いどっちも可愛い!!あははは!!」

 

 

 

 

ハサマ王「まだかなぁグリムちゃん」

 

グリム「水は差さない方が良いですよ我が王。」

 

ハサマ王「それもそうだね」

 

 

 

 

係員「お待たせしてしまってごめんなさい次の方!」

 

ハサマ王「大丈夫大丈夫ー!!寧ろ分かるよ可愛いよねあんな子達ー。」

 

係員「(この子も可愛い!あざといのもイイネ!)」

 

グリム「…………この方貴方よりもずっと年上ですよ」

 

係員「ふっ…………オーケー守備範囲」

 

係員「二名でいいですかね?」

 

グリム「はい。こちら代金です。」

 

係員「あ、さっきの子達にも渡しましたがこちらマップです。」

 

係員「といっても私個人で制作した物ですがどうぞ。」

 

ハサマ王「わーいおーみーやーげー!」

 

 

 

 

 お風呂

 

紗雪「良い感じに温い」

 

イグナーツ「なあ我が神」

 

紗雪「何?」

 

うさぽん「ポカポカキモチー」

 

イグナーツ「こんなのが浮かんできたんだが」

 

紗雪「(正気に戻る湯ねえ…………効果は出てるか根本的なところは治ってないけど)」

 

紗雪「適当に触ってれば」

 

イグナーツ「そうか」

 

うさぽん「ワァイ」

 

紗雪「……………時間があればまた行っとくか…………」

 

 

 

シャルロッテ「えらいおにーたーん!!いっしょはいろ!!」

 

ハサマ王「わあやっぱりシャルロッテちゃんだ。」

 

ハサマ王「狐くんもいるね。いいよ☆」

 

シャルロッテ「わーい!!」

 

グリム「(トラウマ一応ですが治ってはいますか)」

 

グリム「よかったです…………」

 

ハサマ王「ところで狐くんはちゃんと洗っとくんだね!えらいえらい!」

 

稲荷「稲荷は稲荷です!菌はさすがに見えませんので!」

 

 稲荷「係員の方にも言われたことですし」

 

ハサマ王「やっぱり?」

 

稲荷「はい」

 

シャルロッテ「おねーたーんぎゅー!」

 

グリム「(少しスキンシップが激しすぎやしませんかね)」

 

グリム「………これでいいですか?」

 

シャルロッテ「うん!!」

 

 

お風呂上がり

 

紗雪「…………………………」

 

うさぽん「スヤァ……」

 

イグナーツ「傍に小動物を連れた我が神もなかなか……」

 

紗雪「(効果が切れるのが早いかこいつの頭が沸きすぎてるかについてはもういい)」

 

紗雪「(だが視線が気になって牛乳も飲めない逸らしとくか)」

 

紗雪「あー旨い」

 

うさぽん「ウマーイ」

 

紗雪「あ………いや飲んでも大丈夫か。」

 

イグナーツ「我が神?少しはこちらを見てくれないか?」

 

紗雪「飲みきった!飲みきったから頭掴むな!痛い!」

 

イグナーツ「御意」

 

紗雪「はー……この馬鹿力が……」

 

 

ハサマ王「シャルちゃーん」

 

ハサマ王「狐くんと親御さんのところまでいけるね?いけるよね?ね?」

 

グリム「(やはり元凶を見ると距離に関わらず無理でしたか)」

 

シャルロッテ「うん!!えらいおにーたんとやさしいおねーたんここまでありがと!ばいばい!!」

 

稲荷「本当にありがとうございました。ではまた会う日まで!」

 

 

ハサマ王「…………………………」

 

グリム「……………………………」

 

ハサマ王「…………………………」

 

ハサマ王「よし無事に行ったみたいだから帰ろっかグリムちゃん!!」

 

グリム「土産は適度に買いましたからね。船にも充分間に合います」