集合からの終結

祐馬『…………?母さんどうかしたのか?』

市代『ちょっと話したら迷子と王様がそっちに行ってくれたわよ。後はよろしく~♪』

祐馬「……………はあああああああああああああ!?!?」

「どうしましたか祐馬さん!?」

祐馬「……………迷子が来るのはいいんだが王様って。王様って。」

 鋼「……………王様とはあの王様です?」

祐馬「………そうだよ…………俺いつもの作業着だし礼節とか無理だよ…………」

紗雪「……………シャルロッテ来んの?」

稲荷「そのようです。」

紗雪「………………二人共、さっきの挽回行ってこい。」

イグナーツ「御意!!!」

 

祐馬「……………もう俺は突っ込まないぞ。結界とかいうのを足場にしてるとはいえ生身であんな高さにいるということを」

鋼「あ、来ましたよ。」

祐馬「来てしまったか…………」

 

ハサマ王「ねえシャルロッテ。お父さんはあれかな?」

シャルロッテ「パパなの!!稲荷もいるの!!!」

ハサマ王「よかったねー。………………ところでこっちにまで来てない?」

シャルロッテ「来てるの」

ハサマ王「後なんか目がヤバくない?血走ってない?」

シャルロッテ「いつも通りなの」

ハサマ王「後あの動物喋ってるよね?ものすごく流暢に喋ってるよね?」

シャルロッテ「しゃべってるの稲荷は狐なの」

ハサマ王「狐…………んーどっかで聞いたような聞いてないような………」

 

稲荷「保護の方有難うございますそして申し訳ありません大人しく捕まえられて下さい!!!」

 

ハサマ王「ちょっと待っ」

 

 

 

祐馬「……………………どっかの格ゲーにあんなのあったな……………」

 

鋼「パイル・ドライバー?」

 

祐馬「あーそれ……………………って死ぬだろアレ!!問題起こす気か!!」

鋼「娘さんはやられる前に離れて喰らっておらず王様は…………」

 

ハサマ王「……………………グリムちゃんの関節技と同じくらい痛い…………」

鋼「生きてますね。動けない上地面にめり込んでますけど。」

シャルロッテ「えらいおにーたーん大丈夫ー?」

ハサマ王「大丈夫じゃない」

紗雪「…………シャルロッテっ」

シャルロッテマンマ!!

 紗雪「………変な目にとかは」

シャルロッテ「楽しかったの!!!」

 紗雪「………そう、よかった………」

稲荷「本当申し訳ありませんまだ痛みますか……………」

ハサマ王「前言撤回超痛い」

稲荷「ですよね………」

鋼「僕が運びます、王様。」

ハサマ王「いやーありがとね…………ん?バレてた?」

祐馬「どうも初めまして王様、さっき会いました夫婦の息子です……………」

ハサマ王「あー面影的なアレが…………初めましてハサマだよ………」

ハサマ王「……………ところで君の背中の腕大きいね?どんな感じで入ってたの?」

鋼「折り畳んでます」

ハサマ王「アルファはよく分からないけど無理があるんじゃない?」

鋼「その辺は僕にもよくわからないので………」

ハサマ王「ところで血走ってるのは何処行ったの?」

祐馬「そういえばどこに………?」

紗雪「…………先にシャルロッテと広場行って動くなと命令しておいたから…………すみませんねうちの狂信者が………」

稲荷「詫びの品が必須ですよね、なにか欲しい物とかありましたら…………」

ハサマ王「じゃあ屋台に売ってる酒………新たな味作りとかいってうちの植物使ってるみたいだから出来るだけ沢山………これ財布………」

稲荷「今すぐに買ってきます!

 祐馬「広場なにかありましたっけ?」

鋼「終わる時に祈りに行くようです。」

鋼「王様、具合はどうですか王様。歩けますか」

ハサマ王「…………っと。………なんとか歩けるかな………いや浮いた方がいいか………」

ハサマ王「…………ふー…………」

ハサマ王「私達も広場行こうか………そろそろだろうし………」

祐馬「そうですね……八朔さん達もう行ったみたいですので………」

鋼「腕出すのつかれたのでしばらく無言で歩きます」

祐馬「無理するなよ鋼」

鋼「そちらこそ」

 

 

 

教皇(マイク使用)『では最後に皆さんのそれぞれ思う神に黙祷しましょう。』

教皇(マイク使用)『無神論者の方や信仰するものがいない場合はお世話になっている方や自分でも大丈夫ですよ。』

教皇(マイク使用)『では黙祷』

 

 

 

 

 

稲荷「お酒の方買い占めてきましたがこれで許して下さいますか?」

ハサマ王「ありがとね。………まあ怒るより痛いが先に来たし大丈夫だよ。」

紗雪「…………ところでこんなのどうやって持ってくの」

ハサマ王「台風で一気に」

祐馬「割れませんか?瓶ですよこれ。」

ハサマ王「グリムちゃーん」

グリム「構いませんが何故そんなにボロボロなのですか我が王。」

鋼「…………!?いつの間にか人が?」

ハサマ王「かくかくしかじかとにかく察して」

グリム「私は変装(サングラス)を解き王とお土産と財布を回収しに来ただけですのでお気になさらず。」

グリム「それでは私共はこれで。パイルドライバーの件は不問にしておきます。」

 

祐馬「変な空間入って消えちゃったな」

鋼「………そうです………ね………うう………」

祐馬「どうした!?燃料切れか!?」

鋼「お願いします………少し無理しすぎましたね……海中なら数日いても平気なのですが………」

祐馬「よし家まで行くぞ!プリムも手伝ってくれ!」

プリム『分かりました旦那様!このくらいへっちゃらです!!』

 

 シャルロッテ「たまにはみんなでお外でたかったのーでもはぐれてさみしかったのーえらいおにーたんがいろんなところ付き合ってくれてうれしかったのー」

紗雪「…………………さて、シャルロッテの気持ちは分かったけど騒ぎを起こしたくはないね…………面倒臭いし……」

イグナーツ「そうだな我が神!!また奴等に追われても面倒だからな!!」

稲荷「ご主人、稲荷は妙案を思いついたのですが。」

紗雪「………どんなの?」

稲荷「それはですね………」

 

 

 

翌日

 

『先程ご家族が外出されました。』

『距離を保ちつつ皆様暖かく見守りましょう。』

『ちなみにこの放送は本人達からの希望であり差別的な扱いでは決してありません。』