葉月の第二の場所

作品置き場とかそういうあれだよ。関係無いのもある?知らんな。

(アイラヴ)話題の子役

さあ今回から“Nyan☆nyan“新コーナー、“噂のあの子にインタビュー!“




記念すべき第一回目は映画“チュリグ街の悪夢“で話題のメイムちゃんです!



『よろしくお願いします』



早速だけどツブッターで話題になったあの迫真の演技はどうやったのかな?



『あれ、演技じゃないんですよね。』



………えっ?じゃあどうやってやったのかな?おねえさん気になるー!



『待ち合わせ場所の路地裏で遅いなと思いながら一人で待ってたんですけど』



『いきなりかぎ爪装着した大男が向かってきたのでダッシュで逃げました』



『まあすぐに息が切れてぶっ倒れたんですけどね』



……つらかったよね……………その後はどうなったのかな?



『監督に土下座された後水分補給を挟んで撮影続けました。』



水分補給はわかるけど土下座?えっ??なんで?



『完成度のためとはいえ躊躇い的なのがあったらしいのと事務所から』



『“誠に遺憾である、訴訟も辞さない“というメッセージがすぐに届いたようで。正直助かりました。』



『私身体弱いし心臓口から飛び出そうなくらい怖かったので。死ぬかと思いました。』



……………怖………そんなに早く情報が分かるのも怖いしメッセージの内容が怖………



『御小浪さん口調が戻ってますが大丈夫ですか?』



大丈夫だよ!あとそれ気にしてるからおねえさんでよろしくねメイムちゃん!



『分かりましたおねえさん』



よっし!じゃあ次行こっか!オファーが来たときどんな事を感じたの?



『やっぱこういう系かと。正直なところ明るい奴は私には向いてないので。』



映画が公開された後は何かあった?



『仕事が沢山増えましたが一気にやると疲れるのでゆっくりやっていきます。』



最後はおねえさん個人の質問なんだけど早くメッセージが来たことについて心当たりとかは…………



『体調悪くて帰ったエキストラの人の顔に見覚えがあった気がします』


あーなるほど………ありがとね!これで終了だよ!



『どういたしまして。映画“チュリグ街の悪夢“もうすぐ公開終了です。まだ見てない方は今のうちに。』



それはちゃんとするんだね!


おこなみおねえさん 月乃 御小浪 (つきのおこなみ)



元体操のおねえさんのライターもしているインタビュアー。二十代後半の人間


男のような自分の名前にコンプレックスを抱いており自分をおねえさんと呼ばせたがる。


このインタビューをきっかけとしてクセの強い人々と関わっていくように。


週刊 Nyan☆nyan 



急に売れ始めた女性週刊雑誌。表紙が輝いているので凄く目立つ。