(アイラヴ)お詫びの品とプラスアルファ

正直なところ最近精神や体調がヤバイので気休めにほぼ台詞だけど書く
__________________________

_三階の廊下_

新人「………あの、クロマさん。」

クロマ「………ん?顔青いけどどうかしたの?」

新人「体調が優れないので帰りますね。すみません、私は聞こえすぎて………」


クロマ「あー……………(何かを察した顔)」

新人「………えっと、やっぱり駄目ですか……?」


クロマ「いや全然帰っちゃっていいよ、無理は良くない。後で叱っておくから」


新人「よかったです、ありがとうございます……!」


新人「(後で叱るってなんだろう、確かに笑い声みたいなノイズ音だったけど………………)」


新人はエレベーターではなく階段で下まで降りていった


クロマ「エレベーター使っていいのだけど遠慮してるのかな、まあそのうち使うでしょ。」

上へのボタンを押し中に入るとまたボタンを押し最上階へ移動し


豪奢な扉の前に着くとそれを勢いよく蹴り入ってきた

クロマ「そこの二人うるさああぁい!!!新人の子体調不良になって帰っちゃったでしょうがぁ!!


ハサマP「ごめんねクロマちゃーん!ちょっとこの会見面白すぎて社長と笑いっぱなし腹痛咳酷ゲッホゲホ」


▽ 掲示板サイトのスレッドも見てみたが予想通りだな 反響が凄まじい


クロマ「…………………………………………………」


ハサマP「…………反省だね。うん。」

ハサマP「実はその新人の子、前から気になってたんだよ。」

ハサマP「常人より感覚が優れているからといってデメリットがないとは決して言えないからね。」

ハサマP「今朝届いたのがこの特注イヤーマフ

クロマ「………アクティブとバッシブどっちなのこれ?」

▽ 両方のいいとこ取りといったところか 

ハサマP「ちょっと着けてみ?」

クロマ「どれどれ」


クロマ「(わあ軽い。何も聞こえない)」


クロマ「何も聞こえなかったんだけど。性能強すぎじゃない?」

ハサマP「いやあの子には丁度良いと思うよ」


▽ その性能でやっと人並みにまで抑えられるぞ


クロマ「どんだけ酷いんだろう………」

ハサマP「そうそう、防音とは別に凄い機能があるんだよ。」

クロマ「どんな?」


ハサマP「今の色は黒と青じゃん?ここをこうすると…………」


クロマ「………赤と黄になった………!?」


▽ ある程度は色を変えることが出来る 


クロマ「凄いけどこれがどう役に立つ………あっ」


ハサマP「気付いたみたいだね?」


クロマ「(頷く)」


ハサマP「なら説明はいらないね、…………グリムちゃん!」


グリム「衣装の方は既に完成しております、余り手を出していないサイバー系ですが大丈夫で?」


ハサマP「この機会にどんどん出していこうか!デビューはCGとかも積極的にね!」


グリム「承知しました」

クロマ「行動はっっっっや」

_翌日_


_二階休憩室_
放送『皐月アザミさん、4階までお越し下さいプロデューサーがお待ちです。』


新人→アザミ「!?(飲み物を吹きそうになった)」


_4階_

ハサマP「おはよー、先日は騒いでごめんねーはいこれ」


アザミ「イヤーマフ……ありがとうございます着けてみます」



アザミ「……………………!」


アザミ「(本当にいいんですか?という顔)」

ハサマP「(無言で親指を立てる)」


ハサマP「ところでこれ君の衣装ね」

アザミ「えっ」


ハサマP「あとこの月この日に君のデビューライブやるから。頑張って」

アザミ「情報量が多すぎて脳が追いつけません」


ハサマP「 アザミは 特注イヤーマフと衣装を手に入れた 」

ハサマP「 そして 自分のデビューライブも決定した 」

アザミ「(有難いですが何でRPG風なのでしょうか………)」