国新たに創りました


f:id:hazukisan:20170728094710j:plain




サクチュアリ国


まだ歴史が浅い国。主な種族はアルビダ、人間、精霊で移民が大半を占める。


それ以外の種族は少数ながら存在している。皆幸せに過ごしていて差別はない。

アルコール度数の少ない酒の製造が盛んに行われている

肉や魚に関しては加工するところを見なければ普通に食べられる

「常に穏やかな心」をモットーとした拝一神教を全員信仰している

神と意思疎通が唯一出来る教皇は外国に行かず常にサクチュアリ国にいないといけない

※他の国に宗教を押しつけることは決して無い


神殿で教皇による短い儀式と不殺の誓いを立てることによって

守護者パートナーという存在を召喚、認識出来るようになる

※いつでも何歳からでも行える

※不殺の誓いの効果で誓った者は他の存在の生命を傷つけることが一生出来なくなる

この存在は神の部下にあたる者達で光り輝く人間の姿をしており高い知能を持つ

あくまでも守護をするため戦闘は出来ないが家事や治癒などは難なく出来る

※召喚したら必ず守護者と添い遂げなくてはいけない

※守護者は原生生物扱い



三代目“教皇“ アルビダ(突然変異)男

「……神を信じろと強要はしません、ですが穏やかな心を持っていれば必ず世界は平和になるのです……」

アルビダだが突然変異の影響で黒肌の老人。その御年87才

ゆったりとした白いローブを着込み頭には小さな金の冠を載せ杖をついている。ぎっくり腰。

若い頃は肌の色が原因で迫害されたが周囲を憎まず自分も憎まず

単身でこの国へ渡りそこで先代と出会う。「柔は剛を制す」

という言葉に胸を打たれいろんな努力をし続けた結果三代目となった


守護者は眼鏡をかけた聡明な老女

サクチュアリ神 (チート枠) 年齢不詳 性別 不定


名の通りサクチュアリを創った神。最初から国と完全に同化しているので

全ての存在の邪念を消す力がサクチュアリ全土に及んでいる

つまり国に入った時点で敵意や悪意などが一時的にだが完全に消え気分がよくなる

※サクチュアリから出れば元に戻ります




工祐馬 タクミユウマ 人間 男 22

「俺はここ以外にも他の国を見に行ってどうなっているのかが気になるんだ」


家族でこの国に越してきたばかりの好奇心旺盛な青年。行動力がありすぎるのが玉に瑕。見た目は黒髪黄目黄肌


守護者は三つ編みが特徴的な可憐な少女。