(アイラヴ)モカ君のお使い

『誰~にも~内緒でお出かけ~なのよ~♪』

 

お馴染みのテーマソングと男性のナレーションが流れる中今回の主役が紹介される

 

クロマ宅の混血サターニア、モカ君である。

 

これは蛇足だがクロマはチュリグで人気のユニットのリーダーで

モカは義理の子で天真爛漫さに定評のある今人気の子役だ

 

『モカーちょっとお使い行ってきてこれメモとお金ね。』

 

洗濯物を干し終えたクロマが部屋の中を走り回るモカを制止しメモとお金を渡す

 

それにモカは花の咲くような笑顔で『頑張るねママ』と応じメモを大切そうに受け取り持った

( メモの内容)

リンゴ2

しょうゆ1りっとる

すきなアイス(さんこまで)

にんじん5

 家を出るとモカは手提げ袋にメモとお金を入れると蛾の翼を広げ早速飛行した

 

和服姿の俊足を誇る撮影スタッフ(鬼の男)は

それに驚愕すると全力疾走で目的地への先回りを試みた

 

コンビニに着いたモカは人間の女性店員にメモを見せこれくださいと頼んだ

 

なお和服の鬼は追いついたものの息切れを起こしたので休み

 

代わりに隠匿の呪詛を持つラッパー風の格好をしたアスラーンの女性がカメラを回している

 

店員は恍惚の表情でアイス以外の物を持ってくるとアイスを選んでくるようモカに言う

 

モカはアイス売り場でしばらく迷うとちょっと高いものと女性に人気のものを選んできた

 

店員と天気の話をしながら会計を終えるとコンビニを出てスキップしながら帰り道を行く

 

回復した鬼がカメラを持ちアスラーンと連携をとりながら追いかける

 

何故か何もないところで派手に転んだモカ。

 

転んだにしてはかなりの傷を負っていたが自己再生の呪詛によりあっという間に塞がった

 

涙目で起き上がると手提げ袋を再び持ち今度は歩いて家まで行った。

 

この間撮影スタッフはハラハラしながら見守っていた

 

帰宅するとモカはクロマを見つけるなり抱きついて号泣した

 

クロマはモカを慰めると高いアイスを一口不意打ちであげた

 

モカは泣き止むとそのままアイスを食べ続け、終える頃には笑顔を取り戻していた。

 

 撮影スタッフはそれを撮り終えると帰って行った

 

アスラーン「何あの子クッッッソ可愛いんだけど」

 

鬼「いやーこれは高くなるな、疲れたけど。」