PFCS

帰宅後

シャルロッテ様とチュリグにお泊まりしてきました稲荷です。 あそこの方々は外見がこの世の恐怖を具現化したようなものでしたが色々と良くしてもらったと思います。 クロマさんのご飯(ほぼ野菜)美味しかったですしモフモフされたのが妙に心地よかったです…

(学園)二人の転校生

グリム「おはようございます。突然ですが転校生ですお入りください。」 シャルロッテ「しつれーしますなのー!!」 グリム「元気が良いのは結構ですが次からは静かに開けて下さい」 シャルロッテ「はーい!」 グリム「……では名前を」 シャルロッテ「シャルロ…

相関図(サクチュアリはカミングスーンです。)

これ見れば分かるんじゃないですかね?よくわかりませんけれど。(矛盾)

捕縛と不能の間の話

目の前で跪いているうちのNo.2はテンクウという盲目の男性と一緒に幻覚を扱うギャングの捕縛を済ませたようだ。 「あれ口調は全然違かったけど見た目はなかなかあってたみたいだしね。」 見た目だけはとはいっても見た目がほぼ本物といっていいクオリティだ…

魔王の配下というか構成員設定

名前 ノワール・シャド(これが本当の名前なのかについてはよく分からない) 種族 サターニア 性別 その時その時で変わる 一人称 その時その時で変わる 情報の攪乱を得意とする変身出来るサターニア。美女が好きなので普段はその姿にしているが本来は少年。 …

丑三つ時の訪問者

ハサマ王「…………さて、“天をも穿つ閃光の一撃“は一旦飛ばして四肢をやろうと思ったんだけど」 コルト「………………………」 ハサマ王「(後ろの窓になんかいる)」 ハサマ王「…………………(変な生物騒ぎ以来だよね直接会ったのはこれが初めてなんだろうけど。)」 ハサマ…

サバト活用の一例

ハサマ王「まだ痛いなー。」 ハサマ王「………そういえば前にショコラはサバトを身体の中に入れてるってガーナ君から聞いたけど。」 ハサマ王「私がそれやったら多分酷いことになるなぁ。」 ハサマ王「…………………………………………」 ハサマ王「…………………悪用の基準が分から…

魔物飼いと純真有翼人とお狐様と将来有望モスサターニア

チュリグ王の自室 ハサマ王「うええ………………いやーまだ色々な所が痛いね………」 グリム「本当我が王にパイルドライバーかけるって少し見たとはいえどれだけ凄まじいんですかその狂信者の有翼人。」 ハサマ王「なんかもう躊躇いがなかったね………帰ってからどのくら…

誰かさんの記憶、最初の話

瀕死のアルビダ「…………………………………………」 瀕死のアルビダ「(もう言葉すら発せないな………チッ、傷と寒さによる病が響いたか。)」 瀕死のアルビダ「(まともに思考も出来なくなってきた)」 どうも 瀕死のアルビダ「(単なる幻聴か)」 違うんだなそれが、意識は…

(短い)ナツメちゃんの反応

お昼寝から起きたら何か枕に固い物があったので取り出したらちょっと熱くてびっくりした。 何だろう?宝石なのかな?ちょうちょ可愛い。 送った人についてはそういう相手が王かグリムかクロマかあの人しかいないし消去法であの人だと分かったけど。 お返しど…

ドレスタニアの住人を創ってみた

『めでたしめでたし…………はい。もうここまで。皆さん気をつけて帰ってね~』 噴水に腰掛けた女性は何冊目かの絵本を読み終えると一息吐いた、また微笑むと解散を告げる。 前列の子供達はまだ聞きたい一心で駄々をこねた。 「やだー!お姉さんのお話もっと聞き…

集合からの終結

祐馬『…………?母さんどうかしたのか?』 市代『ちょっと話したら迷子と王様がそっちに行ってくれたわよ。後はよろしく~♪』 祐馬「……………はあああああああああああああ!?!?」 鋼「どうしましたか祐馬さん!?」 祐馬「……………迷子が来るのはいいんだが王様っ…

王様と迷子と夫婦

市代「あら、本当に空飛んでるわねー」 鉄蔵「そうだなー。どうする?」 市代「ここからじゃ届かなさそうだから高台にでも行きましょうか?」 鉄蔵「じゃあそうするか。」 市代「届くと良いのだけれど」 鉄蔵「大丈夫だろ多分、はいメガホン。」 市代「貴方…

夫婦と技師とアルファ

鋼『もしもし祐馬さんですか!!白無垢の精霊かロリータ服の小さな女の子そちらにいます!?緊急事態なのですが!!』 祐馬『一体どうしたんだ鋼!!白無垢ならこっちにいる!!』 鋼『出来る限り早く連れてきて下さい!!話は後です!!』 祐馬『…………分かっ…

水陸両用アルファと狂信者とお狐さん

「愛しの我が神とかけがえのない娘がいない!!何処に!!??これはまさか奴等による策略許すまじ」 「イグナーツ様!!毎回毎回いい加減にして下さい!ご主人と稲荷は完璧に脱出したのでここまで追ってきませんから!!」 前方に不審な挙動を見せている軍…

(台詞)技師とその両親と女精霊

……どこかの国の花嫁衣装があんな感じだった気がする。今にも地についてしまいそうな程に長い浅黄色の髪……肌の白さ………綺麗だ。もう悔いはな……… 『……………様』『旦那様!旦那様!お気を確かに!』「本当にありがとうプリム!!魂丸ごと持ってかれそうだった危ね…

国王と小さな有翼人ちゃん

「…………では只今から祭りの開始となります。皆さん思い切り楽しんで下さい。」「でもゴミとかはきちんと捨てましょうね。環境は大事ですから」マイクを手に持ち祭りの開始を宣言した教皇君。一瞬笑い声がした後会場の歓声は更に上がってるね。私はそれを横目…

冬の訪れ

ハサマ王「………そっかぁ、もう雪が降り注ぐ頃か。」教皇「はい、冬ですのでお祭りを企画しているのですよ。」ハサマ王「へー?お祭り?どんな?」教皇「様々な方をお呼びして屋台や芸能を楽しんでもらい最後には感謝として神に黙祷します。」教皇「それとです…

息抜き絵

「(ハサマがちっぽけに見えるなぁ)」_大きな三日月が昇り星々が輝く夜空の世界_息抜きに診断ネタの絵です。三十分もかかりませんでした!!派生も試しましたが全員良さそうなものでよかったです。

とりあえず出してみよう

名前 サムサール 種族 サムサール 性別 男 年齢 見た目は四十代前半 感情 関心容姿 鋼鉄の額当て、ボサボサの長白髪、切れ長の赤目、黒肌、とても丈夫な色褪せたジャケット、タンクトップ、レザーパンツ、革靴自分のことにすら関心がないので名を聞かれても…

(学園)ハサマの日常

ハサマは成績優秀な生徒だがけっして真面目というわけではない。毎日雨戸を全部閉めて電気も全て消して寝るので「スマホスマホ。………10時。今日は寝よう。」明らかに手遅れな時間に起きることも珍しくない。そして休む。「マーガリントーストうまー。でもコー…

よその子描いてみました+新キャラについて

長田さんのところの発光型アルビダバクセラ法務大臣ちゃん。線を褒められました嬉しいです!!!fgoでストライクのあまりバニヤンを一夜で最終再臨させたことが思い出された程の衝撃を受けて使命感に駆られましたが早々に苦戦したので聞いたらなんと図解にして…

(キャラ借り)ハサマとアンナとユーミン

私は港に着いた船からドレスタニアの街を眺めていた。潮風と菓子の匂いが混ざり合い独特な空気を作り出していてそれがちょっと好きだったりする。今回はどうなるのかな?と頭の片隅で思いながら船から飛び降りて歩き始めた。 脇の階段から何かが跳ねて頭にぶ…

学園の設定

ハサマ 高等部の生徒で無性のアルビダ。学生服を着ている。 かなりのお金持ちだがひとり暮らしなので門限がない。でもちょっとは孤独感もある。ゲイボルグは最初から使えず机消滅が限度だが代わりに身体能力は高め。死にはしないけど怒らせちゃだめだよ。 グ…

(閲覧注意)元旅人の魔物飼い

………始まりはもう覚えていない、幼い頃の記憶も魔物の姿だけで人はいなかったことくらい。思えば様々な国を巡ってきたものだ。まあ、どれもこれも魔物の扱いはそんなに良いというわけではなかったけど。 何かに危害を加えたなら別に構わない。被害が出たのだ…

※極まりで全て平仮名になっております

「いたいなにこれすごくいたい!!ぎぶ!ぎぶ!!!!!!」 「これは指取りこれは腕緘そしてこれが腕挫十字固です我が王よ」 「ハロウィンで本人が望んだからといって何銜尾蛇の民へ巨額の財を渡しているのですか全く」「ガーナ様によくないと言われたでし…

wiki用サクチュアリキャラ設定まとめ

工 祐馬 (たくみゆうま)つい最近家族と共に引っ越してきた快活な人間の男修復専門の技師の家系で腕は確か、行動力がありすぎるのが玉に瑕工 市代 (たくみいちよ)祐馬の母親。恰幅のいい体格をしているが健康である。 穏やかで他人の気遣いを忘れないが一…

wiki用チュリグキャラ設定まとめ

ハサマ(チート枠)貴族ではないがチュリグの王 外見は一般人の子供だが最低でも二百年は生きている無性のアルビダ今でこそ明るく何にでも興味を示すが昔はハサマという名前どころか人間性もなく興味も持たず「チュリグ王」「魔神」「生ける災害」と呼ばれ無…

水陸両用アルファ

工「…………どうだ?今回もちゃんと直せたか?」「はい、ありがとうございます。これでまた救助に励むことが出来ます。貴方の腕は確かです。どうか自信を持ってください。」工「それはよかった、頑張ってくれ。お前のおかげで助かる命が大勢いるんだ。」___…

(短い)孤児院の件

グリム「ドレスタニアに新しい孤児院が出来るそうです」 ハサマ「そうなんだ。エリーゼちゃんから聞いたの?」 グリム「はい。他にも来る方がいるようなのですが」 ハサマ「誰?」 グリム「セレアというアルファの少女といつかのペストマスクですね」 ハサマ…