葉月の第二の場所

作品置き場とかそういうあれだよ。関係無いのもある?知らんな。

本編

(本編)馴染んじゃったちゅりねこ

朝 メイム「…………………はー世界クソ」ムクリ ちゅりねこ「…………………」ヌーン メイム「!?(あのキモいの)」 メイム「…………………………」 メイム「やっぱ何も見えねえ」 ナツメ「………………ねむい」 ちゅりねこ「……………………」ヌーン ナツメ「新種だ」 ナツメ「かわいい、のかな?」 グリ…

(本編)洞窟に潜む物書き

▽ 設定は関わりのある別人が書いたものを使わせてもらっているぞ ▽ それと魔改造や盛り込みもやった その洞窟の天井には大量に生えている発光苔のおかげで星空を彷彿とさせる光景になっていてサクチュアリの観光スポットにもされている 誰もいないはずの最深…

(本編)謎の生物

「きめええええええ!!!」 それを見るなりあらん限りの大声でメイムは叫びそれは木霊して響いた。 グリム島 屋敷 「…………………何この子。猫?」 屋敷の主は困惑した。後ろを向いたらいつの間にかいたという船から降りて息切れした幼女が抱えていた猫のような…

(本編)修行の成果と

朝起きると簡略化した準備運動で眠気を覚まして着替えを済ませておく 筋トレの時にのみ軽めのリストウェイトとトレーニンググローブの装備 そのまま外へ長距離のウォーキングついでに買い物 帰ってくると手洗いうがいを済ませてから一旦外し栄養バランスが取…

(本編)神様の逃亡

昔々………時代的な意味ではそうでもないが当人らにはそういう認識なためそういうことにしておこう 小さな農業国があり女性不足に悩んでいる真っ最中に余所の旅人が入国してきた 名を紗雪というその娘は大変に献身的でそれに加え類い稀なる美貌を持ちその身を削…

(本編)Hasama mounted Eclair in the Night

ここ最近ハサマ王はエクレアとよく関わるようになった 無謀な復讐者も段々と来なくなりハサマ王にとって安心する夜の時間というものが増えてきたため暇をもてあまし気味なのである チュリグの夜は景色がよく非常に静かでたまに夜行性の国民が散歩をして帰る…

(本編)チュリグでの子供の日

▽ ということでまたこうなってもらった ナツメ「…………何で私………」 ▽ なんとなく (投票結果がハサマ王と同率だったため) ▽ 一日の辛抱だ頑張れ ナツメ「……………通じるか分からないけどむかつくから後で焼く」 ▽ そうか はさまおう「スヤァ……………」 ぐりむ「モグモグモグ…

(本編)王様とその代理

ハサマ王「冗談だったんだけど結構効いたねー」 グリム「我が王も人のこと言えませんがね」 ハサマ王「知ってるー」 ハサマ王「…………昔になった方がよかった?」 グリム「余計にアウトです」 ハサマ王「だろうね!」 ハサマ王「クロマちゃんたちきちんとお留…

(本編)サクチュアリでのこどもの日

「わがかみー」 「おーいわがかみー」 狂信者にしては声が若すぎるんだけど何が起こったんだろうか というか腹が重いし乗ってるのは娘もかなそうだとしたらなんというか やばいな………もう朝だし目を開けてみるか……嫌な予感しかしないけど…… 「愛しのわが神!…

(本編)会合へ

ハサマ王「ねえグリムちゃん、チュリグも含まれてる色んなところの同盟のお話あるでしょ」 グリム「…………はい、会合の事ですね?場所はかなで山国際ホテルの大会議室だそうです。」 ハサマ王「早いねさすがグリムちゃんだ」 グリム「お褒めいただき光栄です我…

(本編)エクレアちゃんの読書(?)

ハサマ王「エックレッアちゃーん!いっぱい食べてていい子だね!」 エクレア「ゴホービチョウダイ」 ハサマ王「いいよ。はいこれ。」 エクレア「?」 ハサマ王「動物の本。」 エクレア「ホン、ダケ?」 ハサマ王「と、お菓子」 エクレア「ワァイ」 エクレア「バリムシャムシャムシャム…

(本編)※実際のやりとりとは違いますが捏造はしておりませんのでどうかご理解下さい

本日はよろしくお願いしますヴァニタス・ネサンスさん。 「よろしくお願いしますアン・トニアさん」 「話す方は今回が初なので慣れませんがね」 回数を重ねれば慣れますよきっと。 最近はチュリグ国に行ったようですがどうでしたか? 「そうですね、差別に変…

(本編)温泉でお休み

受付 係員「何名様ですか?」 紗雪「二名で」 シャルロッテ「こっちも二名!!!」 係員「後ろの可愛らしい女の子と狐さんは?」 紗雪「娘とペットですね。」 係員「はーい分かりました!ごゆっくりお楽しみ下さいね!」 紗雪「…………さっさと行くぞ」 イグナ…

(本編)チュリグの新生物

「……………あのレイオクトとやり合ってるの?………えー………」 玉座でひとまず回復したハサマ王は信じられないとまでは思っていないものの かなり衝撃を受けており余程好戦的な子なんだなと嘆息する。 レイオクトは極彩色の蛸で出現率が低く基本的には温厚だ。 鑑賞…

(本編)親子のバレンタイン

シャルロッテ「おかえりマンマ!!バレンタインだからなんかつくろ!!」 紗雪「だと思った。もう夕方だし早く台所行くよ。」 シャルロッテ「やったー!!」 紗雪「(汚したら不味いし着物にするか)」 シャルロッテ「まぜまぜー!!」 紗雪「砂糖と塩加えと…

(本編)ナツメのバレンタイン

ナツメ「何かご用でしょうか王…………」 ハサマ王「やあナツメちゃん!食べるなり持って帰ったりしてもいいから」 ハサマ王「これちょっとどうにかしてくれないかなぁ?」 ハサマ王「…………いくら甘い物が好きといっても限度はあるんだよ?嬉しいけど」 ナツメ「…

(本編)異国へのお引っ越し

どこかの国の路地裏で屈強な体格と武装をした目出し帽の男達が 一人の冴えない服装をした図書館帰りの女を壁際に追い詰めていた俗に言うカツアゲである。 「すみません返してくださいこれ交通費なんです………!あ」 女が後ろ手に押してしまった壁は形容し難い…

きんしちょうのえほん

むかしむかしあるしまにひとりのおにさんがながれてきました。 たくさんのけがをしているおにさんに「これはたいへん」とこどもたちがあつまってきましたが なおされてしまうことをしんぱいしたおとなたちがとめにきます そのまえにしまへきたおにさんたちが…

同情欠落歴史研究家とチュリグ王

▽ あらすじだ ▽ 昼のチュリグ王宮へ最近住み始めたサムサールの男が突然やって来た ▽ 名をヴァニタス・ネサンスというその男は歴史の研究家でハサマ王へ質問をしに来たようだがさてどうなることだか 「初めましてチュリグ王私はサムサールのヴァニタスネサン…

(本編)帰宅後

シャルロッテ様とチュリグにお泊まりしてきました稲荷です。 あそこの方々は外見がこの世の恐怖を具現化したようなものでしたが色々と良くしてもらったと思います。 クロマさんのご飯(ほぼ野菜)美味しかったですしモフモフされたのが妙に心地よかったです…

捕縛と不能の間の話

目の前で跪いているうちのNo.2は盲目の男性と一緒に幻覚を扱うギャングの捕縛を済ませたようだ。 「あれ口調は全然違かったけど見た目はなかなかあってたみたいだしね。」 見た目だけはとはいってもそれがほぼ本物といっていいクオリティだったみたいで。 「…

(本編とキャラ借り)丑三つ時の訪問者

ハサマ王「…………さて、“天をも穿つ閃光の一撃“は一旦飛ばして四肢をやろうと思ったんだけど」 コルト「………………………」 ハサマ王「(後ろの窓になんかいる)」 ハサマ王「…………………(変な生物騒ぎ以来だよね直接会ったのはこれが初めてなんだろうけど。)」 ハサマ…

(本編)サバト活用の一例

ハサマ王「まだ痛いなー。」 ハサマ王「………そういえば前にショコラはサバトを身体の中に入れてるってガーナ君から聞いたけど。」 ハサマ王「私がそれやったら多分酷いことになるなぁ。」 ハサマ王「…………………………………………」 ハサマ王「…………………悪用の基準が分から…

(本編)魔物飼いと純真有翼人とお狐様と将来有望モスサターニア

チュリグ王の自室 ハサマ王「うええ………………いやーまだ色々な所が痛いね………」 グリム「本当我が王にパイルドライバーかけるって少し見たとはいえどれだけ凄まじいんですかその狂信者の有翼人。」 ハサマ王「なんかもう躊躇いがなかったね………帰ってからどのくら…

(本編)誰かさんの記憶、最初の話

瀕死のアルビダ「…………………………………………」 瀕死のアルビダ「(もう言葉すら発せないな………チッ、傷と寒さによる病が響いたか。)」 瀕死のアルビダ「(まともに思考も出来なくなってきた)」 どうも 瀕死のアルビダ「(単なる幻聴か)」 違うんだなそれが、意識は…

(短い本編)ナツメちゃんの反応

お昼寝から起きたら何か枕に固い物があったので取り出したらちょっと熱くてびっくりした。 何だろう?宝石なのかな?ちょうちょ可愛い。 送った人についてはそういう相手が王かグリムかクロマかあの人しかいないし消去法であの人だと分かったけど。 お返しど…

(本編)集合からの終結

祐馬『…………?母さんどうかしたのか?』 市代『ちょっと話したら迷子と王様がそっちに行ってくれたわよ。後はよろしく~♪』 祐馬「……………はあああああああああああああ!?!?」 鋼「どうしましたか祐馬さん!?」 祐馬「……………迷子が来るのはいいんだが王様っ…

(本編)王様と迷子と夫婦

市代「あら、本当に空飛んでるわねー」 鉄蔵「そうだなー。どうする?」 市代「ここからじゃ届かなさそうだから高台にでも行きましょうか?」 鉄蔵「じゃあそうするか。」 市代「届くと良いのだけれど」 鉄蔵「大丈夫だろ多分、はいメガホン。」 市代「貴方…

(本編)夫婦と技師とアルファ

鋼『もしもし祐馬さんですか!!白無垢の精霊かロリータ服の小さな女の子そちらにいます!?緊急事態なのですが!!』 祐馬『一体どうしたんだ鋼!!白無垢ならこっちにいる!!』 鋼『出来る限り早く連れてきて下さい!!話は後です!!』 祐馬『…………分かっ…

(本編)水陸両用アルファと狂信者とお狐さん

「愛しの我が神とかけがえのない娘がいない!!何処に!!??これはまさか奴等による策略許すまじ」 「イグナーツ様!!毎回毎回いい加減にして下さい!ご主人と稲荷は完璧に脱出したのでここまで追ってきませんから!!」 前方に不審な挙動を見せている軍…