(本編)プチ冬眠

 

 

 

ハサマ王「…………………………」

 

 

 

グリム「何をしているのですか我が王」

 

 

 

ハサマ王「雪が冷たくて心地いいから穴掘って寝ようかなと思って」

 

 

 

グリム「竜巻を使いましたね?既に深いのが完成してますよ」

 

 

 

グリム「それと周りの狼戸惑ってるのですけど」

 

 

 

ハサマ王「分かるようになったか」

 

 

 

ハサマ王「成長してるねグリムちゃん」

 

 

 

グリム「色々と大丈夫ですか?」

 

 

 

ハサマ王「安心しなよいつも通りだ」

 

 

 

 

グリム「そこもですがここは前に土砂が崩れてましたよ?」

 

 

 

ハサマ王「またなっても何とかするよ!」

 

 

 

ハサマ王「この辺り広めのお花畑になったし」

 

 

 

グリム「……………思いつきにしても本気ですねこの方…………」

 

 

 

グリム「念のためクロマに起こしてもらうように言っておきますが程々にしてくださいね?」

 

 

 

ハサマ王「わかった!!!」

 

 

 

数日後

 

 

 

グリム「…………………どうでしたか?」

 

 

 

クロマ「一応家にいてもらってるけどかなり元気だね」

 

 

 

クロマ「土砂崩れも起こってなかったし」

 

 

 

クロマ「今頃モカとか稲荷くんと遊んでるんじゃないかな?」

 

 

 

 

遊びまくったハサマ王「Zzzzzzzzzzzzzzz……」

 

 

 

 

モカ「おうさまねちゃったね!」

 

 

 

稲荷「大丈夫ですかこれ………」

 

 

 

 

フラボア「ダイジョブ」ヒョッコリ

 

 

 

モカ「お花のおねーさんだ!」

 

 

 

稲荷「………引き摺ってませんか?」

 

 

 

ナツメ「一応よし」

 

 

 

稲荷「…………………………今の方は?」

 

 

 

モカ「?あついおねーさん」

 

 

 

稲荷「………なるほどー………(少しだけ似てました)」

 

 

 

ハサマ王「Zzzzzzzzzz」

 

 

 

 

クロマ「……………ん?どうしたの君達」

 

 

ジャバウォック「grr」

 

 

フラボア「セツメー」

 

 

 

クロマ「遊びまくったから疲れて寝たのかーここまでご苦労さまよしよし」

 

 

 

クロマ「しばらく休んでくの?勿論いいよ」

 

 

 

ハサマ王「Zzzzzzzzzzz……」

 

 

 

グリム「我が王は部屋まで連れて行きますね」

 

 

 

クロマ「おっけーい」

 

 

(本編)ただいま一人旅中

 

 

ここは特に骨董品の呼び込みが活発。折角だしいい奴のところで吹き具を買うことにした。専用の液体がなくても浮球を生み出せるようで月の光を一部取り込んでるようにも思える。悔しいがきれいだ。

 

 

それとおまけに硝子の玩具を差し出されたので貰っておいた。色が鮮やかで目に痛い。店主曰く笛の要領でやればよく加減が重要だとか。破損の可能性があることを手間をかけて説明していたから無闇に出さない方がよさそう。硝子だし。

 

 

………満月がよく見えるとはいえ大分外れの方に来たが帰りはどこを行けばいいんだろうかそこに誰かいるし座って見ていよう。こちらに材料となる何かを期待しているようだけど?

 

 

 

 

「いひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

 

 

「珍しいねえ」

 

 

「お嬢ちゃんはチュリグの娘だろう?お前さんが蠱草香(こそうこう)を売っているのを見たんだ」

 

 

「あれ………イイ品なんだろう?まだあったら是非ともおくれよ」

 

 

「なあに手荒なことはしないさそんなに警戒しないでくれ」

 

 

 

怪しい婆さんがこちらに近づいてきている………………………言うことが不審だが嘘ではないようだ。貰ったものだが元からそういう目的で来たので渡しておこう。

 

 

 

「いーひっひっひっひっ………ありがとねえ今度の調合に使うとしよう」

 

 

中身を見るまでもないのだが鉤鼻婆さんの機嫌がよくなった。劇的に。

 

 

「そこの道は欠けていて落ちたら恐ろしいことになるからねえ」「やめといた方が賢いよぉイーヒッヒッヒッ」

 

 

それだけ言うとさっさと行ってしまった。………………ん?

 

 

鳴き声の方を見ると黒い猫がいた。言われたのと違う道を進んではこちらを振り向いて確認しているが誘導をしたいのだろうか。そろそろ尻も痛くなってきたし行ってやろう。

 

 

 

 

しばらく歩くと活気のあるところに出た。あの猫はというと着くなり混んでいる合間を容易く抜けて森の方に帰って行った。

 

 

 

……………………次は何処に向かおうか………………

 

 

クラウィッチ・パンプキン (詳しい年齢は不明)

 

黒いローブを着込み目深にフードを被った頭身が低い精霊の老婆。猫背なのも手伝い背中にまで垂れ下がった白髪と鉤鼻が大きな特徴で言動が胡散臭く自身の作ったものに対してプライドを持っている。「薬学」を信仰しており様々な効能を持つ薬を相応の知識と経験を持っていることを前提として作成出来る加護を持つ。

 

自分の容姿にコンプレックスは抱いていないが指摘されると一旦直しに帰りその間は使い魔(懐かれた動物の総称)が代わりに対応する。戻ってきた後の容姿は鼻が大分引っ込み背筋が伸びたおばさんになっていたが帰る時には元に戻っている。

 

普段は一軒家で使い魔たちと暮らしながら調合をいつも真面目に楽しみ完成したものを売りに出てくる。旅行者に材料を求めたりもしており渡されると機嫌が良くなった後使い魔を触らせてくれるか危ないところを教えるか安全な帰り道を教えるかなどを「渡してくれた材料の良さ」ではなく「本人の気分」によってしてくれるが実は渡されなくても同じ。

 

 

 

(閲覧注意)(本編)ラブルくんは夜を過ごす

 

 

こうも真っ暗闇で静かだと落ち着く大丈夫窓もない。

 

埃がちょっとあるけどあまり使わなかった?何かしてもいいのかと本を読む歴史についての。

 

 

ここはチュリグというところで王様は……………………あの方と似ている。ここへいやなものを向けるところを消していたらしい。

 

何度も。何度も。悪いことをしたのも含めて。滅ぼされる方じゃない。滅ぼす方だ。怖いけど生きられてる大丈夫。その後改心?したらしい……生きてるのだろうか?

 

 

 

さっきはなかったのにいつの間にか赤いボタンが置かれているので押してみたらあまり聞いたことのない大きな音がした

 

 

「すいたの?」

 

 

急いで来たのはあの方だった押したらいけないものか怖くなってくる

 

のどはかわいているけど今すぐではないけど吸わせてもらうことにしたおいしいありがとうございます

 

 

「確かに緊急性はあるけどなんでこれにしたかなぁ………」

 

 

あの方はボタンを手に取り膨れた頬を出していた

 

ここにはいない誰かに文句を言っているのはわかるあまり怒っていないのも

 

 

気になることがあるので読んでいた本を差し出してみた

 

 

「……懐かしいなぁ…………あーこれ?ハサマだよ」

 

 

え?

 

 

「………………同じ?同じ?同じ?同じ?同じ?同じ?同じ?同じ?」

 

 

 

 

「そう」

 

 

「やっぱり驚かれるよね」

 

 

「ああそんなつもりではないのですきぶんをわるくしようなどというものではごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいどうしようどうすればああああああああ」

 

 

言葉漏れちゃってるけど気づいてるのかなー気づいてないだろうなーいいことを思いついたからやってみよう!

 

 

この子の使ってるベッドに行って靴脱いで毛布被る!!

 

そして「来ないのー?」と声をかける!以上!

 

 

 

「あっ行きます」

 

 

わーい効いた!!扱いがちょっとくらいは分かってきたと思う!何度も使えないけど!……………眠くなってきたし寝よう

 

 

 

「…………となりでねてもいいのでしょうか王様は………」

 

 

この方がそうしたいようですしそうしますかまたこまらせてしまいましたしはいそうしましょうでも大丈夫でしょうか朝になったらどうなるのでしょうか………?

 

 

「グリムちゃんが来るから大丈夫だよ………Zzzzzzzzzzzz」

 

 

 

大丈夫落ち着きました

 

 

 

(本編)堪能

 

 

 

ハサマ王「ふっふーん」ムニー

 

 

 

 

ナツメ「?………Zzzzzzzzz………」

 

 

 

 

クロマ「今度は何をしてるの?」

 

 

 

 

グリム「…………………………」メソラシ

 

 

 

 

クロマ「理解するの拒否られると困るんだけど!?」

 

 

 

 

グリム「……遊んでるんじゃないですかね………」

 

 

 

 

 

ハサマ王「愛でるの楽しい」

 

 

 

 

 

クロマ「…………………」ホワホワ

 

 

 

 

グリム「何を想像しているのですか?」

 

 

 

 

クロマ「気に入った玩具を見つけた時のジャバウォック」

 

 

 

ハサマ王「わーいわーい」コロコロ

 

 

 

グリム「それにしても眠り深すぎませんか」

 

 

 

 

クロマ「今まで知らなかっただけかもしれないね……………」

 

 

 

 

ナツメ「…………………????」

 

 

 

 

クロマ「あ、起きた」

 

 

 

 

グリム「起きましたね」

 

 

 

 

ナツメ「どういうこと?」

 

 

 

 

ハサマ王「いきなり可愛がりたくなったから!」

 

 

 

グリム「ということですので連れてきた次第です」

 

 

 

 

 

クロマ「わからなくもないね」

 

 

 

 

 

ナツメ「そうですか」

 

 

 

 

 

ハサマ王「うん」

 

 

 

 

ハサマ王「でも起きてるナツメちゃんも可愛いよ!」ニッコリ

 

 

 

ナツメ「はわぁ…………」

 

 

 

グリム「(楽しそうでなによりですね)」

 

 

 

クロマ「(本当にね)」

 

 

 

 

 

(本編)慰め

 

 

 

クロマ「あのー」

 

 

 

グリム「なんでしょう」

 

 

 

 

ナツメ「…………うーん………うーん…………Zzzzzzzzz」

 

 

 

 

ハサマ王「……………………」ジー

 

 

 

 

クロマ「何でナツメちゃんのところで王様寝てるの?」

 

 

 

 

グリム「我が王が勝手に入ったところナツメがうなされてるということで添い寝をされてるようです」

 

 

 

ハサマ王「……………」ドヤァ

 

 

 

グリム「自慢げな顔をこちらにしたのは本当に意味がわかりませんが何なんでしょう」

 

 

 

クロマ「モカ呼んでくる?」

 

 

 

 

グリム「後でラビリンスまで送ろうかと考えてはいます」

 

 

 

ナツメ「………………グスッ………Zzzzzzzzz」

 

 

 

ハサマ王「嫌なこととかあまり感じなくていいのになよしよし」

 

 

 

ハサマ王「今日は全部お休みしようっと」

 

 

 

グリム「仕方ないですね」

 

 

 

 

クロマ「そうなると思った」

 

 

 

ハサマ王「ところで来ないの?」

 

 

 

ハサマ王「二人共?」

 

 

 

代理と魔物飼い「いいえ寝ます」

 

 

 

グリム「ですが収まり切りませんので我が王のところからベッド借ります」

 

 

 

ハサマ王「いいよ!」

 

 

 

クロマ「…………癒しはいりますか?」

 

 

 

ハサマ王「わーい!」

 

 

 

 

 

 

 

モカ「みんなでおひるね?」

 

 

 

 

クロマ「そうだよ」

 

 

 

ちゅりねこ「ヌーン」

 

 

 

 

うさぽん「キュー」

 

 

 

稲荷「…………あの……何で稲荷もなんですか………」

 

 

 

 

クロマ「まあまあ油揚げ後であげるから許可ならとったよ」

 

 

 

 

稲荷「拒否権がない」

 

 

 

 

稲荷「まあいいのですけど」

 

 

 

 

ハサマ王「あははー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハサマ王「具合はどう?」

 

 

 

 

ナツメ「Zzzzzzz………………………」

 

 

 

 

グリム「安眠ですね」

 

 

 

 

ハサマ王「よかったよかった」

 

 

 

グリム「送ります?」

 

 

 

ハサマ王「よろしく」

 

 

 

グリム「わかりました」

 

 

 

グリム「それではいってらっしゃいませ」

 

 

 

ハサマ王「ありがとね」

 

 

 

ナツメ「……………Zzzzzzzz」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツメ「………!?」

 

 

 

 

 

ハサマ王「おはよ!」

 

 

 

ナツメ「ここどこ!?」

 

 

 

ハサマ王「ラビリンス!」

 

 

 

 

ナツメ「…………なんで王がいるの?」

 

 

 

 

ハサマ王「ナツメちゃんうなされてたみたいだから慰めようと思って!」

 

 

 

ナツメ「えっと、あの、ありがとうございます」

 

 

 

ハサマ王「いいよ!ついでにお仕事しないから今日はつきっきりだよ!」

 

 

 

ハサマ王「えへへ!………ところでなんでうなされてたのかな?」

 

 

 

ナツメ「頑張って疲れた」

 

 

 

ハサマ王「そっかえらいね!」

 

 

 

ナツメ「はわぁ………」

 

 

 

ハサマ王「♪♪♪♪♪」