葉月の第二の場所

作品置き場とかそういうあれだよ。関係無いのもある?知らんな。

(アイラヴ)モカ君のお使い

『誰~にも~内緒でお出かけ~なのよ~♪』

 

お馴染みのテーマソングと男性のナレーションが流れる中今回の主役が紹介される

 

クロマ宅の混血妖怪、モカ君である。

 

これは蛇足だがクロマはチュリグで人気のユニットのリーダーで

モカは義理の子で天真爛漫さに定評のある今人気の子役だ

 

『モカーちょっとお使い行ってきてこれメモとお金ね。』

 

洗濯物を干し終えたクロマが部屋の中を走り回るモカを制止しメモとお金を渡す

 

それにモカは花の咲くような笑顔で『頑張るねママ』と応じメモを大切そうに受け取り持った

( メモの内容)

リンゴ2

しょうゆ1りっとる

すきなアイス(さんこまで)

にんじん5

 家を出るとモカは手提げ袋にメモとお金を入れると蛾の翼を広げ早速飛行した

 

和服姿の俊足を誇る撮影スタッフ(鬼の男)は

それに驚愕すると全力疾走で目的地への先回りを試みた

 

コンビニに着いたモカは人間の女性店員にメモを見せこれくださいと頼んだ

 

なお和服の鬼は追いついたものの息切れを起こしたので休み

 

代わりに隠匿の呪詛を持つラッパー風の格好をした妖怪の女性がカメラを回している

 

店員は恍惚の表情でアイス以外の物を持ってくるとアイスを選んでくるようモカに言う

 

モカはアイス売り場でしばらく迷うとちょっと高いものと女性に人気のものを選んできた

 

店員と天気の話をしながら会計を終えるとコンビニを出てスキップしながら帰り道を行く

 

回復した鬼がカメラを持ちアスラーンと連携をとりながら追いかける

 

何故か何もないところで派手に転んだモカ。

 

転んだにしてはかなりの傷を負っていたが自己再生の呪詛によりあっという間に塞がった

 

涙目で起き上がると手提げ袋を再び持ち今度は歩いて家まで行った。

 

この間撮影スタッフはハラハラしながら見守っていた

 

帰宅するとモカはクロマを見つけるなり抱きついて号泣した

 

クロマはモカを慰めると高いアイスを一口不意打ちであげた

 

モカは泣き止むとそのままアイスを食べ続け、終える頃には笑顔を取り戻していた。

 

 撮影スタッフはそれを撮り終えると帰って行った

 

妖怪「何あの子クッッッソ可愛いんだけど」

 

鬼「いやーこれは高くなるな、疲れたけど。」

(アイラヴ)リベンジ

とある町に建っている一つの雑居ビル、それら全てがチュリグ芸能事務所だ。

そこの4階、ハサマプロデューサー の膝で涙を流す少女がいる

先日行われたオーディションに見事合格し、アイドルの道を歩み始めたうちの一人である。

所属事務所が傾き精神の荒んだ他所の先輩と会い嫌がらせを受けたのだ

「よしよし、まだ始めたばかりだけどお仕事休む?どうする?」

少女の頭をゆっくり撫でながら優しく声をかけるプロデューサー。

それに少女はあいつらに勝ったと思われたくないから頑張ると健気に答えた。

「そっかあ。先輩達が助けてくれるよ。だから遠慮なく頼ってね。」

少女が立ち去りしばらくするとハサマは「それじゃあ後はよろしく」と呟くと

「了解しました」と事務的な返事がかえってきた。マネージャーのグリムである。

今日行われるライブのプログラムが書かれた紙を見ながらほくそ笑むハサマを残してグリムは退室した。

舞台

八番目のユニットの出番が終わると同時に舞台は暗転した

パニック状態と化した観客達は誰も止められない

Welcome!!

大きく作られた蒼炎がステージに突如として点るまでは

観客達はざわつきながら蒼炎を見つめているとそれは弾け_____その中からは、九番目のユニット。

チュリグで屈指の人気を誇る「キョクゲイシ」の面々が不敵に笑いながら現れていた。(と同時にステージが明るくなった)

一瞬の静寂、途端に沸き立つ観客、飛び交う歓声。

アップテンポな爆音が響く中猛獣を使役しての火の輪潜りなど

サーカスそのものの演出で観客をさらに熱狂させる

やがて時間が来るとキョクゲイシは一列に並び礼をする。

アンコールを所望する声が響いてもそれには答えることなくそのまま舞台を去った。

チュリグ芸能事務所4階

一連の様子をライブ生放送で視聴したプロデューサー。

横目に最後のユニットの欄を見ると独り言を呟く

「大トリはあげたから、傾きから見事逆転してね?」

ニヤリと不気味な笑みを浮かべると生放送のウィンドウを閉じた。

                              

                            その夜、一つの事務所が潰れた。

(アイラヴ)チュリグ芸能事務所

チュリグ芸能事務所 五階建ての雑居ビル……を丸ごと買い取った。女の方が多いが男もいるといえばいる

ファッション方面でその名を馳せていたが最近はアイドル方面にも進むようになった

コスチュームは本人の希望でなら作ってくれるが最近は希望がなくても作られるようになった

いつもは和やかな雰囲気の場所だが他所との対立が起こるとそれは一変する

迂闊に弄られないのでテレビ出演はファッション以外は非常に少なく本人達もそれでいいと思っている。

社長 観測者 (仮名ナナシ)

全責任をハサマPに丸投げしている大体何でも出来る奴。

何もかもが不明なので眉唾物の噂が絶えないが世間には信じられていないので特に支障はない。

アイラヴでは黒スーツの大柄な人間の男の姿をとっている

プロデューサー ハサマ 

世にも珍しい無性の妖怪。一見子供に見えるがかなりの年長者

(そして事実上の最高責任者でファッション界の重鎮)

最低限のことだけ調べて勢いでそのまま第一線を突っ走る人。

どんな失敗をしてもめげないそして立ち直るの早い。

いつもは相談役をしているが自身が動くこともあったりする。可愛い子に危険がくるなら訴訟も辞さない。

自社の子とご褒美と称し食事を奢ったり遊びに堂々と行ったりするがマネージャーによく怒られる。

なおゲイボルグは世界観が世界観なので最初から使えないようにしてある。

一般常識が身についている。法に触れない分えげつないところもあるが。

マネージャー グリム

雰囲気がどちらかといえばヤのつく自由業の人っぽい妖怪の美女。

敏腕だが生まれつきの仕事大好きなため時々それが原因で倒れる。

各業界から引っ張りだこにされる程の実力を持っていたが最終的にここに落ち着いた。

ハサマPへのお仕置き用に武術を習っていたりビンタをお見舞いしたりする。

スタッフ(書類) 縁司(えんじ

眼鏡をかけており痩せていて冴えない雰囲気の鬼の男性。

角は髪に隠れてしまっており鬼だというのに力強くなく頼りないのを気にしており居場所を求めてチュリグにやってきた。

頭の回転は天才までとはいえないが早く書類の作業のスピードや機転にとても優れている。

スタッフ(書類) ジョリー・アトロング

ピアスにリングにネックレスなどが輝く事務所内のムードメーカー、特にピアスを大量に付けているが下やヘソなどのヤバイ所は一切やっていない。

髪をキンキラキンに染めた顔の良いパリピ成人したて男子。楽しそうだったのでチュリグに来た。

真っ昼間から仲間とパーリイしに行くが仕事はきっちり済ませているのでお咎め無しで済んでいる。

お酒に酔わない体質の人間なのでいくら飲んでも問題ない。

スタッフ(書類) 夕霧(ゆうむ)

着物姿の妙齢の妖怪美女。気配りがよく出来るので皆に姉さんと呼ばれて親しまれている。

いつも眠そうにしており昼寝しに保健室に行くこともよくある。

マイペースでも問題なく過ごせそうだったからチュリグに来た。

スタッフ(営業) シュネル・コッレレ

ジャージ姿の人間の小柄な男。アトロングの弟分。

物凄く足が速いので一日に何件も仕事を取ってこれる。

本職はマラソンクラブのコーチで喜ぶ顔を見ることなどのやりがいが半端ないようだ。

スタッフ(雑用) ディザスタ・スレェトゥ

作業着姿の巨漢の人間の男。アトロングとシュネルの兄貴分。雑用は自分で希望した。

本人は何事もなく受け止めていたとはいえハサマPに面接で「小僧もどき」と発言した肝の座ってる人。

本職はモンスター系の悪役レスラーでリングネームはミノタウロス。かなりの実力者。

キョクゲイシ

チュリグ芸能のトップユニット。世界に食い込めるレベル。

アイドルらしからぬダイナミックなパフォーマンスで観客を熱狂させるサーカス団モチーフ。

クロマ

キョクゲイシのリーダーの人間。身体能力が種族を疑う程に高い。

そして怒らせてはいけない。モカ君の義理親だけど愛は偽者ではない。

元サーカスの花形だったがそこがいろいろと黒かったので使役していた獣と共に辞めていった。

ちなみにそのサーカスはそれがバレて潰れた。

ナツメ

クロマの相棒ポジション、人間だけど炎を扱える。

頑張れば色んな形を作れるので主にそれをステージ上で行っている。

元はファッション業界の第一線を走っていたが突如としてPにアイドルを提案しアイドルに行った。

憧れてる人の影響という説が濃厚で本人はそれを否定していないので多分確定している。

ヨミ リノ シルク

三人で行動することが多くナツメちゃん大好き(ファン的な意味で)

元は「triangle」という他所の人気精霊ダンスユニットだったがチュリグに移った。

ヨミは周りを視覚的な意味で暗くできる紫のサイドダウンでクール担当のボーイッシュな子。

リノは物体に光を走らせることができる赤のシニヨンでポップ担当のあざとい子。

シルクは色々な風を吹かせられる緑のツインテールでキュート担当の不思議な子。

ナミネ

オーディションに合格したうちの一人で最近ソロデビュー

デビュー早々妨害を受けたが何とか持ち直し改めてライブを行い見事成功させた

水を操る人間なので夏が特に向いてるんじゃないかと管理職達に思われている

皐月アザミ(人間)

オーディションに合格したうちの一人、デビューライブに会場を号泣と拍手で満たした子。

他人とコミュニケーションを取るのが苦手だが人前には平気で立てる。

良すぎる聴覚を特注のイヤーマフ(色も変わる)で人並みにまで抑えている。

高郷季音(たかさときね)

小さい頃から歌が大好きでよく弾き語りをしている人間の女の子。

成人したばかりだが義務教育を終えていない学生のような風貌と声変わりをしていないので未成年と間違えられるのが多い。

その風貌と声と優しく繊細なギターの演奏で異彩を放つ。シックスセンスなどはないが曲の情景を周りに訴えることに長けている。

モカ

天真爛漫さと容姿の珍しさで今人気の子役、クロマの義理の子でもある。

某お使い番組に出演して視聴率をかなり上げた。

メイム

ホラー映画の迫真の演技(ではない)がSNSで話題の子役。

とても幼女とは思えない悟りっぷりが賛否を呼んでいる。

(キャラ借り?)ハサマの羨望

アスミちゃんと二人で紅茶を飲んで部屋から出た後自然と口角がつり上がった

この状況でも自分の出来ることを懸命に探し

それをやり遂げようとする者達がいるあたり

真に平和なのはあのワコクという国なのだろう

率直に言えば羨ましい。……成る程、これが羨望というものか。

ただし当たり前のことだがチュリグはワコクにはなれない。

無理矢理なろうとしても悪影響にしかならないだろう

そんなわけでもし王として関わることになったら

あちらの文化、特に「音楽」に注目していこう。

ハサマはそう決意し、口角を戻しながら階段を降りた。

(キャラ借り)梅雨のキナコ君

梅雨のチュリグにキナコは一人でいた

外の人通りは少なく屋内で食事を楽しんだり読書をしている者が大半を占めている

それに不満げな顔で雨合羽傘長靴(全て黄色)フル装備で防水性のパンフレットを広げていた

街の近くに花畑のある丘があるらしいことを見つけそこを目指すことにした、猛ダッシュ

丘には寒色系のフォエネスが土砂降りの雨にも負けず懸命に咲いていた

キナコはそれに感動したのか周りにたんぽぽを勢いよく咲かせていた

暫く景色を体育座りで眺めていると白影が目に入る

最初は幻かなと思っていたが確かめてみようとそれに近づいた

それは髪や肌更には衣服に至るまで全てが白いキナコであった

こちらに向けて薄い微笑みを浮かべており一言も喋らない

それに対してキナコは一言「すげー!」と叫び目を輝かせ

勢いよく抱きつき頬をつまんでむにむにしていた

二人は楽しく遊んだ、具体的には街で追いかけっこしたり

(目撃した国民は微笑ましく仲の良い兄弟だなと思っていたようだ)

何故か水溜まりで踊ったり(雨具をフル装備していたので服に影響は出なかった)

そんなこんなで時刻はもう夕方に段々小雨になってきている

また遊ぼうなと白キナコに別れを告げるとそれは瞬きの間に消えてしまった

少しだけ残念に思っていたようだが何か楽しいことがあったなと気を取り直し

元気よく足を進めドレスタニア行きの船に乗るのであった。