チュリグの新生物

 

「……………あのレイオクトとやり合ってるの?………えー………」

 

玉座でひとまず回復したハサマ王は信じられないとまでは思っていないものの

かなり衝撃を受けており余程好戦的な子なんだなと嘆息する。

 

レイオクトは極彩色の蛸で出現率が低く基本的には温厚だ。

鑑賞する分には問題なく見かけたらその一日は幸運と言われる。

 

ただし敵意を見せたりうっかり船でもぶつけてしまったら最後豹変し

 圧倒的な筋力を持って相手を滅してしまいそのことからチュリグの生物の中でも特に危険視されている。

 

食用にもなり一時期とある国でレイオクトを使った料理が話題になったがそれは割愛しておこう。

 

「はい………見物の方がいましたので……避難させておきました………」

 

グリムも嘆息しながら避難の旨を伝えた。

 

見物がチュリグ人で遠くからとはいえ危険性がまだ分からない以上何かしらの惨事になる前に止めたのである。

 

「………どんな見た目の子なの?」

 

外見によって少しは情報が分かるかもしれないとの希望的観測でハサマ王は質問した。

 

「紫系統の蛇のような魚といったところでしょうか毒々しかったです。極彩のレイオクトと合わさり色彩の暴力で目が疲れました。」

 

蛇のような魚ということは細長い体軀のもので翼の類はなさそうだとハサマ王は安堵した。

 

そして思い出したように一人の少女の名を挙げる。

 

「ねえ。ところでクロマちゃんは?呼んだら来るかな………」

 

元旅人の彼女はチュリグ全域の魔物を統括しているといっても過言ではない。

 

何種類ものの複雑怪奇な生態を覚え的確に選び取り得る頭脳に生まれ持っての魔物に対するカリスマ

それに飴(が多め)と鞭(物理)の両立で飼っている魔物達に崇拝されている人間だ。

 

「新種と聞いて既に現場入りしました。」

 

…………ただし突然変異や新種の生物のこととなるとハイテンションで現場に向かい手懐けてから帰って来るのだが。

 

その点については年相応である。

 

「……………………………やっぱり?」

 

「はい。さすがに現在は機を伺っておりますが。」

 

だがそんな怪獣大戦争へ迂闊に飛び込んだら彼女といえど危険なのは本人が一番分かっているだろう。

 

ハサマ王も飛んで現場に向かおうとしたが有翼人のパイルドライバーによる怪我が響いて鮮やかに転んだ。

 

「二重に痛い…………」

 

起き上がると目の前に黒い空間が存在している。

 

亀裂ではなくブラックホール的な外見なのでグリムのものだ。

 

「…………それでクロマのところに行けると思います。私は適当に見回りさせていただきますので。」

 

「ありがと」

 

「礼には及びません」

 

ハサマ王は空間を通りグリムはそれを確認してから引っ込め別の地点へのものを出現させるとそれに入っていった。

 

別の地点というのは他国ではなくチュリグの浜辺の近くにある密林である。

 

巨大ウミウシの出没地の所の。

 

「もうクロマちゃん一人で何してんのー」

 

「………王、いやー申し訳ありません。」

 

亜空間から現れ海面に降り立った国王に驚きつつも口角を上げながら詫びるクロマ。

 

そして目の前では今まさにレイオクトと新種生物による凄まじい戦闘が繰り広げられている。

 

こちらには欠片の意識も向けていなく奇襲には絶好のチャンスといえるだろう。

 

「どうしたらこっちに気づいてくれるかな?やっぱりゲイボルグ

 

「この海ごと蒸発させるつもりで?」

 

「あはは、冗談だよクロマちゃん。ところであれ魔物だよね?」

 

「そうですね」

 

「気を引いたついでに飛ばしとくから後はよろしく」

 

「分かりました」

 

ハサマ王は空中に横向きの雷を大量発生させることにより両者の意識を逸らして隙を作った。

 

クロマはというとそれなりに上手く風に乗って上昇し太陽を背にすることで姿を見えるのを妨害して

 

空中で回転を決めながら魔物特攻仕様の乗馬鞭が見事新種の眼に炸裂した。

 

悶絶をしてから気絶しているが声をあげなかった辺り元から発声が出来ないようだ。

 

 

粘膜により苦戦していたがクロマが騎乗しているレヴァイオスに引っ張ってもらうことでグリム島にある彼女の屋敷周辺の海まで連れて行き

 

レイオクトはというと機嫌を直すとまではいかなかったが巣穴の方向へ自力で戻っていった。

 

 

その頃背広に着替えたグリムは浜辺近くの森へ気晴らしとばかりに見回りに来ていた。

 

ここにも新種の生物が来ているかもしれないという思考がよぎったためだ。

 

群れをなして行動し襲ってこないため無害かと思ったら

食用にすると全身の穴から火が吹き出して周りを焼いた後死ぬ可能性のある紅の蟻

 

その蟻しか食べずチュリグ内の全生物最高峰の熱耐性を持った複数の頭部を持つアリクイ

 

 一定数集合すると眩い光を放った後一体化して巨体で反撃にかかるサワガニシリーズ

 

そして肉棘を撃てば樹や岩を余裕で貫通し物理的な攻撃をほぼ無力化し周りの生物を取り込む巨大ウミウシ

 

既に脅威にしかなり得なさそうなのが闊歩している魔境に新たな生物となると早急に生態を調べなければいけない。

 

 と思いながら警戒を強めていたグリムの頭上へと生物が飛来してくる寸前に素早く掴みとられた。

 

てのひらサイズの半透明で小さなウミウシ

青と淡い緑のコントラストが綺麗で植物の蔓めいた模様を作り出しており

もしも展示されているとしたらそれを見た人に喜ばれるものだろう。

 

そんなウミウシだが辺りを覆い尽くすグリムの殺気に怯えている。

 

アスラーンとはいえ警戒しすぎにも程というものがあると思うのだがどうだろう。

 

そこの今にも襲いかかりそうだった突然変異のウミウシまであてられている。

 

案の定グリムに気付かれて突然変異ウミウシは空間に入れられついでに彼女達も入っていった。

 

 「やあグリムちゃんお帰り!!」

 

「ただいま戻りました、クロマの屋敷ですがね。」

 

「それで家主はどこに行きましたか我が王?」

 

「さっき来たでかいウミウシと蛇魚と仲良くしてるよ!」

 

「ところでその子可愛いし見たことないから後で見せようか!」

 

「今回は名前付けるの早いですね我が王。」

 

「レイオクトが外傷以外元気なあたり毒はないみたいだしちょっと協力して目を見えなくしたけど動きは特に変わってないんだ!!」

 

「なくてよかったですね。名前は蛇魚でいいのですか?」

 

「うん!!」

 

「ではそのように」

 

重要なやりとりを軽い気分でする国王とその代理。

 そこにクロマがのんびりと歩いて戻ってきた。

 

「王様、蛇魚のことだけど警備は周りが危ないと思うから番人にして後動きが冴えてるのとレヴァイオスとタイマン張ってる………」

 

 グリムの手のひらのウミウシを確認した瞬間目の大きさを変え詰め寄る。

 

「ねえグリムなにそのウミウシ新種!?可愛い!!ちょっと見せて!」

 

「どうぞ」

 

こうなったクロマはハサマ王でないと止まってくれないので大人しく任せるのがいい。

 

 といっても念のため二人も同行することになったのだが。

 

水槽に入れて団子状の肉を与えられると変形し肉を八つ裂きにしてから食したので一同はとても驚いていた。

 

なるほど植物の蔓めいた模様は触手だったというわけか。

 

 

蛇魚

好戦的な性格をしている蛇のような体躯の無毒の魚(ウツボ)

巣穴から積極的に出てきたり奇襲を仕掛けてきたり

非常にでかいこと以外はたいしてこちらのと変わりない

クロマの屋敷付近の番人をしながらレヴァイオスと戦闘をしておりホームシックにはなっていない

 

ウミツルウシ

半透明の手のひらサイズの可愛らしいウミウシ

植物の蔓のような模様は実は触手で捕食の際は変形して食物を千切るのに使用する

より強い相手に守ってもらうのと実力を詐称するため小さくなったと思われる

親子のバレンタイン

シャルロッテ「おかえりマンマ!!バレンタインだからなんかつくろ!!」

 

紗雪「だと思った。もう夕方だし早く台所行くよ。」

 

シャルロッテ「やったー!!」

 

 紗雪「(汚したら不味いし着物にするか)」

 

 

 

 

 

シャルロッテ「まぜまぜー!!」

 

紗雪「砂糖と塩加えとく」

 

シャルロッテ「えいえい!!」

 

紗雪「後卵」

 

 

 

紗雪「私は斬ってるからそのうちにオーブンやって」

 

シャルロッテ「おいしくなーれ!!」

 

紗雪「焼き上がったね?冷ますよ」

 

シャルロッテ「みんなでたべる!!」

 

紗雪「……ああチョコじゃないから稲荷もいけるね………」

 

紗雪「(あの人間から拝借したものがここまで役に立つとは………余ったらやるか……)」

 

 

 

紗雪「というわけでハ(ッ)ピ(ー)バ(レンタイン)。」

 

シャルロッテ「のどつまらせないでね!!」

 

イグナーツ「有難く戴く!!」

 

稲荷「喉に詰まらせなければいいのです」

 

紗雪「…………聞いてないな………まあいいか……余ったし……」

 

”結晶のアイスクッキー”

 

雪の結晶を象った可愛らしいアイスクッキー勿論保存も可能。

砂糖はかなり抑えられているので動物でも問題なく食べられる。

ナツメのバレンタイン

ナツメ「何かご用でしょうか王…………」

 

ハサマ王「やあナツメちゃん!食べるなり持って帰ったりしてもいいから」

 

ハサマ王「これちょっとどうにかしてくれないかなぁ?」

 

ハサマ王「…………いくら甘い物が好きといっても限度はあるんだよ?嬉しいけど」

 

ナツメ「量がお供え物………はい喜んで」

 

_ナツメの家の台所_

 

ナツメ「……………………………………」

 

まずは”誰でもできる!簡単お菓子のレシピ”という本を黙読する

 

ナツメ「…………………むー」

 

蒼炎によってカラメルな色になった白チョコだったものに白チョコを足す

 

沢山混ぜてからまた炎ただし今度はやってしまわないようそれの余熱で

 

粗熱が分からないナツメはしばらく置いておくことで冷ましておく

 

なおこの段階に至れるまで約5回程かかり真っ黒な物とはいえ捨てると勿体ないので自分で食べた

 

冷めたら小瓶に入ったラム酒の滴を混ぜ入れて事前に買った色んな型に流し込むちなみにハートのは一個だけ

 

白無垢の精霊を呼び出して冷やすのを頼み承諾される

 

程よく冷えたら完成で報酬として材料の一部と型抜きを精霊は持って帰った

 

箱に入れラッピングしたら船に乗ってドレスタニアへ

 

”ミニブロンドチョコ詰め”

 

 星や音符や月など色んな形があり照れたのかハートのは一個だけ。味の差はそんなにないと思われる。

ビスケットのように香ばしくほんのり塩味がありまろやかな甘い味。

異国へのお引っ越し

どこかの国の路地裏で屈強な体格と武装をした目出し帽の男達が

一人の冴えない服装をした図書館帰りの女を壁際に追い詰めていた俗に言うカツアゲである。

 

「すみません返してくださいこれ交通費なんです………!あ」

 

女が後ろ手に押してしまった壁は形容し難い音を立てて豆腐のように粉砕されてしまった。

 

「…………………………は?」

 

思わず武器を落とし目を見開いて放心してしまう強盗の面々。

 

「…………また、やってしまいました……ごめんなさい壁さん……」

 

砕けた壁に対し頭を下げて申し訳なさそうに謝る女。

 

やっと事態を理解すると本能に従い女の財布を放り投げて

 

一目散に逃げ出した強盗達はその先で市民からの通報を受けた警察によって逮捕された。

 

「……………パパ達と違って怖がられないのはいいのですがこれはこれで複雑ですね……」

 

女は財布と眼鏡を拾ってから耳付近を探ると髪と同じく黒黒としており短いものの確かに角が存在していた。

 

女の名を山岸紗織(やまぎしさおり)。初対面だと同族にすら人間と誤解されがちだが生粋の鬼である。

 

紗織は落胆しながら重い足取りで家に帰ると両親が真剣な表情と仁王立ちで待ち受けていた。

 

「紗織ィ!!突然だが引っ越すことにした!!」

 

「場所はサクチュアリ!!彼処の山はトレーニングに丁度良いと聞いたからね!!」

 

名をそれぞれ剛力(ごうりき)、彩矢芽(あやめ)という鬼の男女は

肉体美を魅せ付け審美眼による得点を競うボディビルという競技

その大会で唯一のダブル優勝者というその道の者にとって伝説と呼ばれる存在だ。

 

蛇足だろうがこの前気分転換に家族はある孤島に行ったところ

剛力はそこの部族にゴリマッチョと呼ばれており不思議に思って聞いてみると

賢者の如く飢えに倒れた生物を慈悲深く介抱し言葉を話し

部族の信仰をその一身に受け密林の奥深くに君臨しゴー・リラーと敬意を持って呼ばれている

幻の存在に肖って付けられた名称で褒め言葉として使用されているものらしい。

 

「…………えっと、あの、私はそういう道には進みたくないのですが………」

 

反抗期という訳ではない。紗織はまだ触れないとはいえ

花と動物を愛し幼子を見守り少し気弱な部分が目立つが優しい人物だ。

 

「強制はしない!!が!その至高のシックスパックは残しておくべきだ!!」

 

「そう!!朽ちさせておくにはあまりにも勿体ない!!それが役に立つ仕事はいくらでもある!!」

 

 両親は根っからの脳筋でかなり押しが強く反対に紗織は弱い。

なおその役に立つ仕事というのは肉体労働だが間違ってはいない。

 

鬼の一生は他種族と比べて短く五十または六十が限界といったところだろう。

 

紗織の夢は図書館の司書だが冗談ではなく本気でそれに進もうとしている。

 

 

そのためには制御が不安定な怪力をどうにかしなければならない。

 

「………パパとママ」

 

「どうしたら加減できるようになりますか……教えて下さい……」

 

流れるような土下座である。謝罪に使われるのだが彼女なりの誠意といったところか。

 

それに色んな意味で熱い両親が影響されないわけがなく

 

「分かった!!だがその力は正しいことのために使えよ紗織!!」

 

男泣きしながらそれぞれ握手を交わすのだった。

きんしちょうのえほん

 

むかしむかしあるしまにひとりのおにさんがながれてきました。

 

たくさんのけがをしているおにさんに「これはたいへん」とこどもたちがあつまってきましたが

 

なおされてしまうことをしんぱいしたおとなたちがとめにきます

 

 そのまえにしまへきたおにさんたちがわるいことをしてみんなをこまらせたからです

 

ひとりのこどもが「けがをしているのはいたいからたすけたい」といいました

 

びっくりしたおとなたちにつづけて「なおしたいけどわからない」といいます

 

おおいそぎでいえからおくすりやほうたいをもってきたおとなたちは

 

「おおきくなったときにいいから」とこどもたちにみせながら

 

おにさんのけがをなおしていきこどもたちは「すごいすごい」とたのしそうにみていました

 

みんなにかこまれたおふとんでおきたおにさんは「ありがとう」とおれいをいい

 

それにみんなはえがおで「どういたしまして」といえました。

 

そのあとおおきなのりものでたくさんのおにさんたちがきて

 

またみんなにおれいをいうとおにさんをのせてかえっていきました。

 

そのしまはいまでもおにさんとみんなでなかよくしているようです

 

めでたしめでたし

一周年記念メタ会話

本編にも学園にもアイラヴにも関係ありませんがPFCSには一応関係あるかと思いまして

 

▽ 最近随分と出しゃばっているな私など創らなくてもよかったのではないかね?

 

はー?必要に決まってるじゃないですか自創作ならまだしも企画ですよき・か・く。

 

作者自身が物語に堂々と出てたら引かれますからね???まあ貴方も私ですからね!

 

▽ 正確にはお前の負の一面を誇張しお前の趣味の外見をさせたものだがな

 

▽ 要するにオルターエゴだ 

 

そうですよ畜生め!!!初期案はラプラスの悪魔だとかアンゴル・モアとかエニグマとか如何にもなものだったんですけどね!!!

 

▽ はっはっはっ この自虐偽装自惚れ女め 

▽ でも悪魔的要素はあるだろう? 

 

契約とか見た目ですね!!見た目は魔術師寄りですけど!!

 

あ、ちなみにこの契約というのは後にハサマとなるアルビダと行われたものですよ。

 

▽ もう隠す気が無いときた まあいいのだが 

 

▼ わっふぃー!!!

 

▼ まあそれで王の私が生まれたし?ついでにそれの派生で私生まれたし? 

 

なんてもの連れてきてるんですか!!

 

▽ どうどう 関連性はあるだろう? 許可したのは結局のところお前だ 

 

はー言い返せなーい。それに貴方方強さから外れてますしねー。

 

どんなに数字やら文を盛ってもそれ超えられたら意味ないからそうしたんですけど。

 

▽ それ以前に戦闘に持ち込ませなければいいのだがね 

 

▼ そうだそうだー!! 

 

……これ以外にも色々とやんないとな絵本とか黒歴史一家の過去とか鬼一家の引っ越しとかウツボ創ったりとか歴史研究家の過去とか学園とか………

 

▽ テスト真っ只中とスランプの癖に何を言ってるのやら

 

▼ ゲームも楽しめないのに無理すんなー!

 

鞭と飴使ってる……………こわ…………我ながらこっわ………

 

こっわスヤァ………………………

 

▼ 寝たね!! 

 

▽ そうだな 

 

▽ 夢見が悪いのはいつも通りだ 

 

▼ 悪夢とかゲイボルグ出来ないかな? 

 

▽ さてどうだか 

 

▼ ところでナナシは何見てるの? 

 

▽ こいつの思考ログといったところか どれハサマにも見せてやろう 

 

▼ ほーん へー ふーん 

 

▼ 進んでるのせいぜい鬼くらいだね!! 

 

▼ なんなのゴー・リラーって!!引っ越しの後クロマちゃんと絡ませようとしたみたいじゃん!!

 

▽ 結果として没になったせいか下書きから消されているがな

 

▼ しかも三個目の国創ろうとしてたね!!孤島!!

 

▽ 使い捨てのようだがな 勿体ない 

 

▼ 部族の設定もちょっとだけどあるね! 

 

▽ 狩猟採集で肉は祝いの時にしか食わないようだ 

 

▼ アスラーンかサターニアだって!!男が多いみたい!

 

▽ 簡素だが武器を作れる技術と言葉を話せるくらいは出来るようだな 

 

▼ 戦いはあまり好まないって!!

 

▽ これが採用されるかについてはあいつが再び起きた時に明らかになるな 

 

▼ カミングスーン? 

 

▽ そんなところか 

 

▽ あいつが寝たからそろそろ通信切れるな 

 

▼ そうなんだ!!

 

▽ ではお休み

 

 

採用でーす。

白い過去とか色々語り

実を言いますと超重要話の「白い過去」シリーズがアプリから消えてましてね?

 

最初は焦ってブラウザで見たら存在してて解せぬ………ってなりましたからね?

 

 

白い過去シリーズをなるべく分かりやすくまとめて説明することにしましたよ(やけくそ)!!!

 

本当はヴァニタスさんの過去書こうと思ったんですけど!?両方やればいいですねはい脱線のところでハサマ救済√いってみましょうか!!

 

何千年か経った後の並行世界のハサマ王や周囲の内情が観測者によって語られます。

 

元からストレスに弱いハサマ王の有様はというと目には酷い隈を持ち一週間の大半を睡眠に費やし

食事は一切喉を通らずそして感情の殆どを無くしています。

 

チュリグ民の信頼や忠誠も深刻な低下をしており他国の工作員と知らずにとはいえ組んでデモをしており国自体の犯罪率も高いという。

辛うじて残っている側近も無理をしすぎて反動が訪れ亡くなってしまいます。

 

世界情勢も勿論悪化しており株は暴落し一部の国で戦争が勃発し独裁者が闊歩するという惨状。

 

平和と団結を謳う世界会議は自慢と悪口で満ちておりハサマ王は一方的に言われる側で主に老害や死に損ないですね。

言葉を発するのも疲れたハサマ王は何の反応も見せず生気のない目で時間が過ぎるのを待つだけです。

 

終わると寝室で横になって寝るかと思われましたが珍しく気力は僅かとはいえ存在しており

心中で観測者と呼び疲れたという言葉を口で発するとノイズがかった返答が来ました、何カ月か振りの意思疎通です。

いつも苦しいんだけどどうすればいいのかと聞くハサマ王に観測者は世界を滅ぼして来ればどうかというアドバイスを与え

 

ハサマ王は会話を打ち切ると芽生えて一気に成長した感情を“怨嗟“と欠片も分かれずに自身にも世界にも向けて衰弱しきった身体を動かし気力の限界を超えるとひたすら上へと移動します。

 

楽しかった頃の記憶を朧気に思い出しながら大気圏ギリギリの所にまで着くとゲイボルグを生成できましたが

 

足りないと溜め続けて大きさだけで大陸を超えられるものが完成すると 消え入りそうな声でゲイボルグと呟き心中でさようならと続けてから発射。

 

パニックの暇も与えられず世界は呆気なく滅亡しました。

限界突破した自身の気力や意識を丸ごと引き換えにそんな規模のを放ったので当然ですがハサマ王死にます。

 

 

 

 

 

 

 

 

観測者が回収に来て自身の空間に持ち帰って弄くったり概念ごと消したりして観測者ハサマ誕生。

 

 それで呼ぶの変じゃない?となった観測者ハサマは早速観測者にナナシという名を付け了承された。

 

世界こそ滅んだものの唯一生き残ったうさぽん達は今ものんびり過ごしている。

 

説明終了。

 

明確に消したものを並べると

“アルビダ“、“死“、“滅び“、“睡眠“、“血“、“良心“

“野心“、“悪心“、“恐怖“、“記憶“、“理性“、“痛覚“、“鬱“

 

こんなところですね。他にも消されたものはありますが。

…………ん?交流時の懐かしい発言とか見る限り記憶がある?

それはですね。知識は無くなっていないので色んなハサマ王を一緒に見たんですよ。

 

………多腕(白)とか多足(黒)とか一体何?それはですね。また別の並行世界である“王の葬式“後に

神格化されたのでこれいいなーとなってその姿になってる訳です。

 

その並行世界(チュリグ)はどうなってるのかって?…………まあそうですね。

 

側近だった方々が立派に治めた後に国王は全員黒い服という暗黙の了解が出来上がり

 

チュリグの墓地は弔うという意味ではなくこの世界に確かに存在していた証となって考古学的な興味を向けられたり

 

その最奥に存在する墓は砕けて破片が散らばって世界最大の謎となっているということですね。