塗ってみました

 


f:id:hazukisan:20171210225314j:image

 

長田さんのところの晶まどか(色違い)ちゃんです。

影もどきでちょっとは上手くなったのでしょうかね?配色もかなり迷いました。

ゲームみたいに数値化でもされれば分かりやすいのですけど。

あ、SSはここ最近更新しすぎてちょっと疲れたのでのんびりと進めていきますね。

夫婦と技師とアルファ

鋼『もしもし祐馬さんですか!!白無垢の精霊かロリータ服の小さな女の子そちらにいます!?緊急事態なのですが!!』

 

祐馬『一体どうしたんだ鋼!!白無垢ならこっちにいる!!』

鋼『出来る限り早く連れてきて下さい!!話は後です!!』

祐馬『…………分かった!!』

 鉄蔵「レディファーストといったところか?よーし行ってこい!」

市代「祐馬ー、頑張るのよ!お友達の為にも!」

 

祐馬「命燃やさないと駄目な奴だこれええぇ!!」

プリム『八朔さん速いです!旦那様も急がないと!!』

祐馬「何あのスピード!大会で上位取れるよ!!」

____________________________

稲荷「あー大分もってますけどこれそろそろ壊されますね……………そして終わりますね……」

 

イグナーツ「狐えええええぇ!!!!!

 

稲荷「(さようなら稲荷の生………)」

 

紗雪「私がいないからといって何やらかしてんだこの狂信者ああああああぁ!!!!!これだから外出たくなかったんだよ!!

 

稲荷「ご主人!?まさか本当に連れてきて下さいましたか鋼さん!?」

鋼「知り合いの方が会っていたので連れてきてもらいました………良かったです本当に…………」

祐馬「(何この修羅場怖ええええ!!!)てか鈍器(氷)頭にフルスイングされたよな!?生きてる!?」

 

イグナーツ「我が神!!!ご無事だったか!!!!

 

祐馬「生きてたよ!!不死身か!

鋼「」

祐馬「鋼!!しっかりしろ鋼!!駄目だ理解が及ばないのかフリーズしてる!!せめて経緯だけでも!」

 紗雪「稲荷ー、…………やっぱ結界で囲んだりした?」

稲荷「……………しました…………別の所に行ったら危ないと…………」

紗雪「…………余計に悪化するからやめといて。あと少しで犠牲出てたよ。」

稲荷「気をつけます……………」

イグナーツ「ワガカミーワガカミー」

紗雪「………………ところでシャルロッテは?」

稲荷「あ」

イグナーツ「お」

祐馬「娘のことでいいんだよな、そういえば何処にいるんだ?鋼?」

 

鋼「……………………生存してましたかえーと。それが分からないんですよね。連絡を取ったはいいものの工さんくらいしか目立った収穫なくて。でも」

祐馬「?」

鋼「空を飛んでいる人の目撃情報なら………」

 _______________________

シャルロッテ「クレープもおいしかったけどすごいのー!!お空とおどってるのー!!」

ハサマ王「そう言われるとうれしいなぁ。次はどこに行こうか?」

水陸両用アルファと狂信者とお狐さん

愛しの我が神とかけがえのない娘がいない!!何処に!!??これはまさか奴等による策略許すまじ

「イグナーツ様!!毎回毎回いい加減にして下さい!ご主人と稲荷は完璧に脱出したのでここまで追ってきませんから!!」

前方に不審な挙動を見せている軍人の方がいます。

抑えて下さっている人がいるとはいえこれはもう“腕“を出した方がいいのではないでしょうか?

 僕はライフセーバーのアルファですがこのままでは遭遇した方々が巻き込まれかねないので覚悟を決めないと

 「すみませんそこの方!!この辺を白無垢の女の精霊かロリータ服に羽が生えた小さな女の子が通ったりしませんでしたか!?」

「どうぶつがしゃべっ」

「確かに稲荷は狐ですけど!!何故そんなにびっくりするのですか!!」

狐さんは不審な軍人の首から僕の首に移りました。

金属なのでよくわかりませんが多分これがもふもふというものなのでしょう。

「ところでそちらの軍人はいつもあんな感じなのでしょうか?」

「…………………はい。あれでまだ良い方です。後あの格好は本人の趣味なようですので軍人ではありませんね。」

「軍人ではないとしたら何なのです?」

「……………信者といったところですかね………」

「………何の信者でしょうか?ここのではなさそうですが………」

「白無垢の精霊もといイグナーツ様の妻の信者ですね…………」

「………………………………………イグナーツというのはその方の名前で?」

「あ、はい。稲荷は稲荷といいます。」

「そうなのですか。僕は鋼水瀬といいます。」

「イグナーツさんはイグナーツさんでしょうか。そしてコミュニケーションは通じますか?」

「フェリックスという名も続けてあります。コミュニケーションについては……………ちょっと無理そうですね…………」

「………でしょうね……もしも通じるなら」

「神!!愛しの我が神と我が娘よ!!何処にいる!?奴等に捕まっているなら今すぐにでも行こうではないか!!」

「「あの大変物騒な独り言をやめていますからね」」

「これ早く見つけないと明らかに危険ですよね?」

「そうですね。防音の機能も有している結界で囲んでおきました。その間に目撃者の方とか本人をですね……」

「連絡を出来る限り取ってみます。関連情報が少しでもあるといいのですが…………」

「申し訳ありませんが宜しくお願いしますね………これ抵抗されたら面倒事になるので………」

 

 

 

 

「……………あーまた手袋焦げ始めてます……熱耐性結構あるんですけどねあれ……」

 

「本当、相変わらずの“下手さ“ですね…………案の定抵抗してますし……今回はどれだけ持ちますかね?」

(アイラヴ)工家への依頼(4.5くらい)

祐馬「父さん母さん!!!なんか「チュリグ」ってとこからイヤーマフの制作依頼来たんだけど!!

鉄蔵「………何だと?それは本当なんだな祐馬?」

市代「それで内容はどんなものかしら?」

 

初めてご連絡致します。

私チュリグ芸能事務所でマネージャー業をしております、グリムと申します。

弊社はタレントのサポートを主な業務としております。

HPを拝見し是非ご活用賜りたくメールを差し上げた次第です。

依頼の経緯になりますが タレントの皐月アザミさんが聴覚に優れたあまり

日々の生活にも支障をきたしておりこれを

危惧した私共はイヤーマフの制作を承ってくださる会社を調べに調べ

貴社に白羽の矢を立てることを決定致しました。

 

鉄蔵「…………これは随分と……報酬は?」

祐馬「「無制限」って…………」 

鉄蔵「そうか。なら遠慮なく貰うとするか。」

市代「そうねぇ。かなり威圧的だけどそれ程焦ってるということでしょうし有難いわぁ。」

祐馬「いっっつも赤字だからな………」

市代「お父さんの技術は門外不出だからねぇ。」

市代「…………えーと、URL………やっぱり本物みたいね。祐馬は手伝うことになると思うからお父さんのところに行ってなさい。後は全て私がするわ。」

祐馬「ウッス!!

________________________

 _翌日、チュリグ芸能事務所_

ハサマP「グリムちゃーん、例の人来たよー!」

 

グリム「…………では行ってきます。」

 

市代「どうも初めまして~」

グリム「こちらこそ」

市代「あのイヤーマフの試作品持ってきたの、付けてもらえるかしら?」

グリム「では」

グリム「………………………………………………」

市代「もしもし、聞こえないみたいね?外すわよ。」

グリム「何も聞こえませんでしたね。」

市代「そうなのよー、本当にその性能でいいのかしら?」

グリム「はい。」

市代「(即答ね………どれだけ酷いのかしら………)それで報酬の件なんだけど今払いでも……」

グリム「構いませんよ、持ってきますので少々お待ち下さい。」

 

ハサマP「こーんにちはー!!そしてどうもありがとう!!

市代「あらあら、貴方がプロデューサーね?こちらこそありがとうね。」

 グリム「持ってきましたよ……………何してるんですかプロデューサー」

ハサマP「これは追加のお礼だよ!

グリム「そして何故テーブルへ札束を叩きつけてるのですか!?」

ハサマP「キャリーバッグいっぱいのに比べればこの程度ささやかな物さ☆」

市代「これでしばらくは色々と賄えるわー」

市代「それとお願いがあるのだけれど」

ハサマP「何かな!?」

市代「うちの技術を公表しないでほしいの。」

ハサマP「オッケーイ!!こっちもお願いあるんだ!」

市代「聞くだけ聞いとくわ」

 

 

ハサマP「アザミちゃんが人気出たらイヤーマフ何色かにかーなーりーバリエーション分けて作って貰おうと思うのだけど。」

 

ハサマP「あ、勿論売り上げは全部そっちの物ね?知名度も上がるだろうし?困った人達が喜ぶね?」

 

市代「…………貴方達、………焦ってないみたいね………?」

 

ハサマP「安心しなよ。イヤーマフの件だけだ、その後は他の所と楽しく付き合えばいい。」

ハサマP「こんな額が定期的に送られてくるだなんてまさしく夢のような話でしょ?」

市代「(………意図が分からない………)」

ハサマP「おや、そろそろ時間かな。その額を持ち歩いてると狙われると思うけどついていこうか?」

市代「………迎えの連絡をしたので大丈夫です。気遣いありがとうございます。」

 

ハサマP「ばいばーい☆」

 

 

 

グリム「……………一つを徹底的に調べてそこに矢を立てるとは、考えましたね?」

ハサマP「まあね。こんな手はあまり使わないのだけれど。」

 

ハサマP「…………………さて、届く日を楽しみにしておこうか。即興の茶番劇も効くものだね。」

(台詞)技師とその両親と女精霊

……どこかの国の花嫁衣装があんな感じだった気がする。

今にも地についてしまいそうな程に長い浅黄色の髪……肌の白さ………綺麗だ。もう悔いはな………

















『……………様』『旦那様!旦那様!お気を確かに!』

「本当にありがとうプリム!!魂丸ごと持ってかれそうだった危ねえ!!絶対魅了の呪詛持ってるよあの御方!!」

「決めつけはよくないわよ祐馬。聞きに行ってくるからお嫁さん?やお父さんと待っててね。」

「おーい母さん、珍しく工が絶賛してるし俺も見たいんだがその人。」

お母さーん!!!!その方だけはヤバいからってもう行ってる!!

「こんにちは、そして初めまして綺麗な方。お話は大丈夫かしら?」

「………………い」

「?どこか具合でも」

「………答えるのが怠い。さっきの聞こえてたから言っとくけど私“精霊“。元から肌白いけど“アルビダじゃない“から。」

「というか連れ全員とはぐれた。うっかり目を離すと全員別の方向行くから困る、本当困る。」

「………あら、それはごめんなさいね………お詫びとは何だけど一緒に探すわ。貴方は何という名前かしら?」

「……………八朔紗雪(はちさくさゆき)。短い間だけど」

「ええ宜しくね。私は工市代(たくみいちよ)というの。」

「それでお連れの方達はどんな感じなの?」

「狂信者1名忠実なペット1匹とても可愛い娘1名、以上。」

「八朔さんと夫と娘とペットの核家族ってとこかしら。いいわねー」

「そりゃあどうも。まあなんだかんだで気に入ってるしね。前よりは」

「前については聞かないようにしておくわねー」

「気遣いありがと。」

……………祐馬!!鉄蔵!!プリムちゃん!!探すの手伝うわよ!!

「祐馬ー。もう分かってると思うが母さんはいっぺん張り切ったらなかなか止まんないぞー」

「………知ってる、よしやるか!!」

『名を呼ばれるのは何だか嬉しいです。声は届きませんけどそれでも……あ、探さないとですね!』

国王と小さな有翼人ちゃん

…………では只今から祭りの開始となります。皆さん思い切り楽しんで下さい。

でもゴミとかはきちんと捨てましょうね。環境は大事ですから

マイクを手に持ち祭りの開始を宣言した教皇君。一瞬笑い声がした後会場の歓声は更に上がってるね。

私はそれを横目にその辺の公園のベンチで無料のお酒飲んでるよ。勿論後でお土産にめっちゃ買う。
けしてくだらないとかではなくこういう場所もたまにはいいなということだからね。

「…………迷子か、なにかかな?」

遠目からだと危ない人と思うだろうけどね、後ろに気配あったから。
いやそういうことは起こらない場所とはわかってるんだけど。……ん?茂みが?あらぶって?

おにーたーん!!」小さな女の子が飛びだして抱きついてきた。

「よーしよしよし可愛いねー何処の子かな?ハサマはお兄さんではないよ?」

「マンマがいつもお家にいてさびしいから連れてきたの!でもはぐれたの!!」

「はいじゃあ一緒に探そうね、君の名前はなにかな?」

シャルロッテ!!フェリックスなの!!」

「そっかぁシャルロッテちゃんかぁ。早速行こうね。」

そろそろ運動しようかなと思ってたしね。有翼人だから多分例の家族だろうし。

ところで羽がなんか鷹?っぽいね?個人差とかやっぱりあるのかなぁ。

てな事を思いながら私とシャルロッテちゃんは他の子を探しに行くのであった。

冬の訪れ

ハサマ王「………そっかぁ、もう雪が降り注ぐ頃か。」

教皇「はい、冬ですのでお祭りを企画しているのですよ。」

ハサマ王「へー?お祭り?どんな?」

教皇「様々な方をお呼びして屋台や芸能を楽しんでもらい最後には感謝として神に黙祷します。」

教皇「それとですね、小さな子供でも問題なく飲めるお酒を無料で振る舞おうかと。」

ハサマ王「いいねー。そっちはそれが名産品だったねえ」

教皇「そのことでお願いがあるのです。」

ハサマ王「……………なにかな?」

教皇「こちらのリストに書かれているものを全て下さい。」

ハサマ王「どれどれ。」

ほしい物

ラチュリン 

カトレリア

フマロティ

サトラリナ

フォエネス

ハシュリル

ヒリラルマ

ティリアヌロ

ハサマ王「………うんうん。どれも危険な効果がない物だね。後で送っとくー」

教皇「ありがとうございます!」ゴホッ

ハサマ王「………大丈夫?」

教皇「この身体では少々きついものでして。」

ハサマ王「…………………着込まないの?」

教皇「ムラサナさーん、電気毛布を持ってきて下さいー」

ハサマ王「わーすごーい!!暖かーい!!!

教皇「喜んでいただけたようで何よりです。」

教皇「…………あの人達も来ますかね………」

ハサマ王「あの人達?」

教皇「………………まあ特に隠すことでもありませんし話しておきますか。」

教皇「最近引っ越してきたのがいるのですけどその方々は儀式を拒否し周りと付き合わない主義なのか関わりがなく大丈夫かな、と………」

教皇「拒否したことには元から強制的にやるものではありませんし前例もありますし意志を尊重しますのでいいのですけど心配なのには変わりないので………」

ハサマ王「どんな人達なの?種族は?」

教皇「そうですね………“白無垢の精霊の女性“、“軍服の有翼人の男性“、“ロリータ服の有翼人の女の子“、“光輝き浮遊し言語の通じる狐“です。」

教皇「見た目がまるで他種族のようでしたが本人達から直接聞いたので大丈夫だと思います…………」

ハサマ王「一個質問」

教皇「何でしょう?」


ハサマ王「サクチュアリの人達は全員宗教信仰してるよね?拒否したということはやる気がないということだと思うけどそれについてはどうなの?」


教皇「せめて年に一回くらいはポーズだけでも取ってくだされば大丈夫です、………真偽は別にいいようですので………」


ハサマ王「なるほど。納得納得。」


ハサマ王「来るといいね、その子達。」

教皇「そうですね。この機会に仲良く出来ればいいのですが。」


___外れにある凍りついた洋館___


???「嗚呼愛しの我が神よ!!!こんな物が届いたぞ!!!」

???「……………冬とはいえ、行くの怠い………」

???「やなのー!!たまにはマンマも一緒におでかけする!!!の!!!」

???「少しはボリュームを抑えて下さいお二方。ご主人が嫌そうにしています。」

???「じゃあその毛並みをモフらせろ狐ー!!」

???「あー摩擦熱がー!荒すぎますやめてください!!」

???「マンマもたまにはお外に出るのー!!いつもパパ達じゃさみしいの!」

???「……………えー…………」

???「いいかげんにしないと泣くの」

???「…………はいはい、行けばいいんでしょ行けば………」

???「わーいマンマ大好き!!」