葉月の第二の場所

作品置き場とかそういうあれだよ。関係無いのもある?知らんな。

(学園)ハサマくんが都市伝説にあったようです

▽ 一応ホラーなため耐性のない者は読まないのを推奨する

 

 

 

 

 

「よーし!休もう!」 

 

 

平日の朝に行くにはもう手遅れの時間にベッドから起きてすぐハサマくんの元気な声が家に響き渡った。

 

 

 

「まずは学校に連絡をー」

 

 

そうと決まったら一直線のハサマくんは学校に連絡を入れようとしたがその前に着信がかかってきて画面には

 

 

『メリー』

 

 

そんな見覚えのない名前と相手の番号が表示されている。

 

 

「……………?クラスメイトの子にそんな名前のいたかな?」

 

 

 ハサマくんは間違い電話ならそう言っておこうと応答した、してしまった。

 

 

 『 私 メリー 今 ◯◯駅 に いるの 』

 

 

見ず知らずの者が最寄りの駅にいることに驚き過ぎて声も出ないハサマくん。

 

 

親のところは分からないが家にはぬいぐるみだけで人形などそもそも購入していないそれでもかかってくる。

 

 

メリーさんがあまりそういうのに興味のないハサマくんでも知っているくらいの知名度を持った都市伝説であることを思い出した。

 

 

「”メリーさん 対処方法”っと。検索検索~」

 

 

 

うるさい、後ろは壁だ

 

リーパー「背後に立たないでいただけると有難い」

 

高層マンションの最上階に住んでいれば辿り着く前にダウンする

 

背後にまわられたらそれをやり返す

 

逆探知だろ

 

やばい奴になって迎撃準備釘バットお勧め

 

「破ぁー!!!」

 

家の扉の鍵全部閉める

 

出入り口以外から逃げる

 

「人違いです」

 

 

 

だがしかしネットは情報が多すぎて錯綜するのも当たり前なのであった。

 

 

それでも出来そうなものはあったので実行してみるハサマくん。

 

 

「あーもう学校行けばよかった!!!」

 

 

今更である。

 

 

ここでスマホのホーム画面に異変が発生。

 

 

なんと設定していたうさぽんの写真がメリーさんの写真に置き換わっていたのだ。

 

 

更に入れているアプリのアイコンや名前にもメリーが登場している。

 

 

 メールや電話をしようにも電話帳が皆メリーさんになっていたりメリーという文字しか候補に存在していなかったり勝手にメリーという文字が羅列されていく始末。

 

 

一生このままなのかという絶望感によりハサマくんのストレスが最高潮となってそして切れる。

 

 

あてられた者に畏怖されるようなドス黒いオーラが絶賛噴出中顔はというと見せられないのでモザイク否黒塗り処理であるそこへ二度目の着信が響く。

 

 

メロディは本来なら小鳥のさえずりだったが例によってメリーさん仕様になっておりゆっくりと応答ボタンが押された。

 

 

『 私 メリー 今 花屋さん の ところ なの 』

 

 

『…………………………………………………………………………………………』

 

 

 

ハサマくんの沈黙が続いて一方的に切られたその瞬間ハサマくんの腹が声をあげ正気に戻った。

 

 

「……お腹空いたなぁ」

 

 

ぼそりと呟くと思いついたように窓を開けるいつの間にやら財布は超高速の動作によって既に鞄の中に収まっていた。

 

 

ここは二階、ハサマくんの安息の地である寝室。

 

 

いつもと違う状況であることとこれが何度もしていたことも手伝いそこからためらいもなく飛び降り風を行使したことで無傷で着地。

 

 

そしてコンビニへ一直線に限界まで速度を上げて走る奔る疾る。

 

 

自動ドアの前に着くとピタリと動きを止めて落ち着きながら入店。

 

 

 イチゴミルクとサンドイッチとポテトチップス(薄塩)とバリバリ君(コーラ)を買って出ていき

 

 

家に着くとはしごをかけることで窓まで登りついでに引き上げてから部屋で食していた。

 

 

風呂にも入って身体を拭き大雑把にドライヤーで乾かすとベッドに行き就寝。

 

 

この間数回着信がかかってきたが全て無視。

 

 

すっかりストレスが解消されたハサマくんはある程度普通の生活を送ったのであった。

 

 

 ゆかの なかに いる 

 

 

 

次の朝ハサマくんは自分とは違う誰かの感触を寝返りで認識しそっと見てみる。

 

 

枕元に危ない物を置いたメリーさんが寝ていたので没収して机に。

 

 

正面からベッドに再び入ると彼女の背中に腕をまわし

 

 

「おはよう。よく眠れた?」

 

 

空いた腕で顎に触れて持ち上げた後トドメにハサマくんは顔に笑みを作ってから近づけた。

 

 

 

 起きたら目の前に良い顔がアップで視界に映ったことで慌てて藻掻こうとしたメリーさんだが全力で拘束されており逃げられない。

 

 

最後の切り札は離れた位置の机の上。メリーさんは詰んだ。

 

 

「可愛い君は目立ちたがりやさんなの?スマホ元に戻してくれると助かるんだけどなー」

 

 

知らん振りで続けるハサマくん。明らかに戻るまでやめない気である。

 

 

 「 私 メリー 戻す 戻すから やめて 」

 

 

 せめてもの抵抗に目を瞑っているメリーさん。恋愛感情があるかは不明なものの効果はあった模様。

 

 

蛇足だがハサマくんはこういう手段を使うのは初めてである。やりすぎたらどうなるかということをきちんと分かっているからだ。

 

 

「ほんとさ困るんだよこういうの」

 

 

「グリホラないとお友達と話題があった時に使えないし」

 

 

「電話やメールできないと親とか先生その他の人達に迷惑かかるし」

 

 

「ツブッター出来ないと最新情報とか漫画とか読めないし」

 

 

「一生生活に支障が出るからやめてくれないかなー?」

 

 

前述の姿勢を保ったまま淡々と理由を並べていくハサマくん。

 

 

観念したかのように動きを止めるとメリーさんは文字通り姿を消した。

 

 

「あれれ?忘れ物あるのに。」

 

 

姿が消えたことに驚いたハサマくんは姿勢を解いて机の上に置かれたナイフを見に行きひょいと手に取る。

 

 

 「…………………………貰っておこう……そうだね。果物を切るのには使えるか………」

 

 

 

安全確保のため台所にしまうとまだ間に合いはする時間だったので元に戻ったスマホを使い

 

 

遅刻するかもしれないと学校に連絡し拙い鼻唄を発しながら身支度を整えはじめるのであった。

 

 

昨日から勝手に指が動いてた逆さは仕様です

 

 

 


f:id:hazukisan:20180709185840j:image

 

 

なんか過去除くどのハサマ様にも妖精とか小悪魔とかそういう印象抱くんですがこれ私だけです???

 

 

(閲覧注意)(本編)“  ”の残滓

 

 

私が望むのは自国の平穏でありそれに他国が関わるというならこちらの益になる手助けをしておこう

 

 

 

 

だがどうにもあの言葉は骸に塗れていた時を思い出させ私をこの上なく不快にするのだ

 

 

 

 

言った者達の命だけではなく国ごと滅したくなるではないか芽のうちに処分するのが良い良い育っても得することは一つもないものでね

 

 

 

 

平和になった今にあの時代は最早関係ないことでありただ鬱陶しいだけのこと

 

 

 

 

一概に嫌っているわけではなく降る塵を払えば生きられるという単純明快な理でもあり土地ごと無くせば後の面倒事もしなくて済んだからな

 

 

倫理観の欠如?

 

 

 

無慈悲?

 

 

 

冷淡?

 

 

 

自己中心的?

 

 

 

虐殺者?

 

 

 

怪物?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが如何した?

 

 

 

 

 

 

 

 

邪魔だと私が認識した以上最早其処には何も無い

 

 

 

 

 

妨げるなら生者も死者もこの世から失せよ私はまだ存在しているゆめゆめ忘れないことだ

 

 

 

 

 

 

 

「こちらに気付かず圧を放ちながら一人でいる時はですね」

 

 

「…………………大変機嫌がよろしくないので引っ越しのご相談に関しては日を改めることを推奨いたします」

 

 

「といいますか今我が王に近づいたら確実に死にますのでこのまま丸一日程放っておいた方が安全です」

 

 

「そうしておこう…………元とはいえ貴族としてのプライド上あまり言いたくないが恐ろしい」

 

 

「………………ところでその中身は?」

 

 

「果物や花の蜜を食べてる仕草が愛らしい蝙蝠このつぶらな瞳がとてもいい」

 

 

「…………大型動物は我が王より魔物飼いの方が喜ぶかと(ここには既に猫?がいますし)」

 

 

「心の安定に一匹どうかと思ったのだけれど君が言うならそうしよう(猫?とは?)」

 

 

「お気遣いありがとうございます(お察し下さい)」

 

 

「当然のことだ(図鑑を見ておこう)」

 

 

(本編)チュリグの七夕、サクチュアリの七夕

 

 

 

「あれ、ヴァニタス君また来たの?」

 

 

夜は危険だそうなので夕刻に行くと緑色の短冊を持ったチュリグ王がいました

 

 

「風習の場合毎年他国に出かけては最高権力者に取材をしているのですこちらは王も自らやられるのですね」

 

 

それを聞くと当然だとばかりにチュリグ王は首を傾げて笑っている

 

 

「上着は着られないので?」

 

 

「半袖でも暑い!」

 

 

「そうですかところでこちらの七夕にはお話などあるので?」

 

 

「お話?チュリグにはないなぁサクチュアリにはあるみたいだけど」

 

 

次の目的地が決定され大きな笹を見ると全体的に緑の目立つ五色の短冊が付けられています

 

 

「緑のはハサマとグリムちゃんとか側近の子赤いのはナツメちゃんとか過激派の子他は穏やかな子といった感じだよーまあ自分の好きな色選んでたりもするんだけどねクロマちゃんとか!」

 

 

色こそ違うものの平和平穏無事安泰安心安全安息安寧……似たような言葉が並べられており王の短冊には平和と書かれていました

 

 

「願い事は共通しているのですね」

 

 

「どっちかといえば目標だね!終わったら葉っぱは食べ物に包んだりするよ!残りは切ってなんかに使う!」

 

 

「ところでサクチュアリ直行コース行っちゃう?」

 

 

「はい」

 

 

束の間の浮遊感と落下の直前人影が増えていましたああ側近の方でしたかこれはどうもありがとうございます

 

 

「行った?」

 

 

「行きましたね」

 

 

「最後まで無表情だったなぁ」

 

 

「そうですか」

 

 

「今の言い方ヴァニタス君と似てたーあいたたた」

 

 

 

 

五転接地転回法は護身術と合わせて訓練させていただきましたがどうやら足を捻ったようです不覚屋内なのが幸いしました

 

 

「おや、何方か落ちてきました。」

 

 

「大丈夫ですか?担架担架……」

 

 

「…………………………車椅子でもいいですかね?私のでよければですが」

 

 

加えて最高権力者とも会えました確か教皇でしたね

 

 

「いえお気遣いありがとうございます教皇私は歴史を研究している者です今回は風習ですが」

 

 

 足に痛みが感じられますが立ち上がり歩くことは可能です

 

 

「いえいえこちらこそ何か聞きたいことはありますか?」

 

 

 「こちらの七夕に伝承の類はありますか?」

 

 

「ありますよ話しましょうか?」

 

 

「お願いします」

 

 

正座をして聞くことにした

 

 

「あるところに編み物の得意な女の子と動物のお世話が得意な男の子がおりまして仮にあみちゃんとまきくんと名付けておきましょうか」

 

 

「その二人は幼馴染で交際をしていたんですけど些細なことで喧嘩をしてしまい別々のところへ行ってしまったんですよ」

 

 

「大人になった時テレビの報道で住んでいたところが荒れてしまっているのを知りそこの復興支援に訪れて偶然にも再会します」

 

 

「あみちゃんとまきくんは仲直りに結婚をしその生涯と特技を支援活動に捧げた後認められ毎年結婚した日に皆をお空から見守る存在になりそれ以外はゆっくりと休んでいるんだとか」

 

 

「というお話なのですがどうでした?」

 

 

「黄の鳥を名に持つ方が監修したのですか?」

 

 

「お話をしたことならありますよ。楽しい一時を過ごせました。」

 

 

「そうですかところで教皇の短冊はどのようなことが書かれているので?」

 

 

「楽しく過ごしたいですかね。各家庭ごとに設置されていると思いますが事前に拒否した方のところへは置きません」

 

 

「……………全体か個かといったところですか」

 

 

「どうかされました?」

 

 

独り言が出ていたようなので何でもありませんと返すと

 

 

もう遅いからと泊まるのを勧められその通りに宿へ向かうことにしました

 

 

100記事目らしいので

 

どうも疲れ気味だけど心は元気なハヅキさんです

 

なんか100ってキリいいから唐突に色々やる……そんな記事だよ

 

 

Twitterで#ハヅキカルデアと付けた妄想を量産してたりイベントとかの戦果を報告してたりといってもこれは前からだけど


f:id:hazukisan:20180624205737j:image

 

 

画像はマスターの嫁の清姫!ちなみにマスターは清姫の嫁つまり百合!自己満足だがそれでいい!!

 

FGOはいいぞ…………勿論Fateも…………というか型月………(布教)

 

あんなこと言われてプレゼントボックスに入られた時点でその愛に応えたくなったんだよ……聖杯捧げてマイルーム常駐……水着の方は福袋で行くから……何故ってそっちにも聖杯捧げてきよひー挟み撃ちで常に死んでいたいから………運営は複数サーヴァントをマイルームにいさせる機能を入れるべき………

 

だからといって他の子が嫌いということではないよ?推してるよ?

 

折角の愛の巣を奪い皆との思い出の道を侵そうとしている敵を許さないだけで………なんというかきよひーだけは推しという概念に留まらない格の高い存在に入ってるんだ………

 

 

 

 

この辺りで締めてはい次の話題行ってみようかPFCSとアイラヴだよね

 

どっちも日頃から存在しているという事実が有難いと日々噛み締めてるよね前は他にも創作企画とか参加してたんだ本当に嫌な思い出しかなくて憂鬱だったんだけど今は逆だよ

 

守備範囲広がったり苦手な要素が好きになったり興味のあることをすぐに調べられるようになったり自分に自信が持ててきたりといいこと尽くめ!!ちょっとは絵も上手くなってきた気がする!文?私のに完成形無いからなんか思いついたものとか誤字に気づいたときとかその都度直したり付ければいいからね!

 

 

告知しとくよヴァン家の残りの方々のことだけど

 

初めから本編時間軸ハサマ様生存確定してるからね目には目を歯には歯をって奴

 

それと創った国に何かしら共通した人達がいるってなんかよさそうだと思って

 

 

土地の問題上パレスごとお引っ越しさせるからチュリグにマップ追加することになるよ

 


f:id:hazukisan:20180626143055j:image

 

深く考えない方がいいかなとチュリグのマップは今まで明かしてなかったけどこんな感じ

 

 

アイラヴはきねちゃんが名指しで演奏依頼されて幼稚園に行くというのと社員達の日常風景もやろうかと

 

邪気眼バンドはメンバーの名前とか容姿考え中の段階だよ皆人間で妖怪に憧れてるとかそんな感じで

 

 

暇なとき不定期で(大体お休みの日だね)キャスしたりもするよfgoとかなら声出せる(Garagara)けど上手く説明できないのと近くに家族いるから企画のは常時ミュートだね

 

 

創作はタイトル決まったのとネタバレありきだから遠慮なくやるわ主人公が膨れ女(邪神の化身の内の一つ)になった後生前の姿で丁寧に住民へ別れを告げてから街から姿を消すとかね!後主人公以外にも人物盛りだくさんの予定だよ!探索者じゃないのも含めてね!

 

 

 

オチは…………自分を大事にしようねあとなんかのガチャで推しとか出ますように