使わせて貰いました

フリー素材とか有難いので早速やってみました。


素材描いてくれた方 id:nagatakatsuki さん
f:id:hazukisan:20170805100526j:plain





f:id:hazukisan:20170805100606j:plain




ハサマ王。まあ初めのうちはこんなものですよねー。

国新たに創りました


f:id:hazukisan:20170728094710j:plain




サクチュアリ国


まだ歴史が浅い国。主な種族はアルビダ、人間、精霊で移民が大半を占める。


それ以外の種族は少数ながら存在している。皆幸せに過ごしていて差別はない。

アルコール度数の少ない酒の製造が盛んに行われている

肉や魚に関しては加工するところを見なければ普通に食べられる

「常に穏やかな心」をモットーとした拝一神教を全員信仰している

神と意思疎通が唯一出来る教皇は外国に行かず常にサクチュアリ国にいないといけない

※他の国に宗教を押しつけることは決して無い


神殿で教皇による短い儀式と不殺の誓いを立てることによって

守護者パートナーという存在を召喚、認識出来るようになる

※いつでも何歳からでも行える

※不殺の誓いの効果で誓った者は他の存在の生命を傷つけることが一生出来なくなる

この存在は神の部下にあたる者達で光り輝く人間の姿をしており高い知能を持つ

あくまでも守護をするため戦闘は出来ないが家事や治癒などは難なく出来る

※召喚したら必ず守護者と添い遂げなくてはいけない

※守護者は原生生物扱い



三代目“教皇“ アルビダ(突然変異)男

「……神を信じろと強要はしません、ですが穏やかな心を持っていれば必ず世界は平和になるのです……」

アルビダだが突然変異の影響で黒肌の老人。その御年87才

ゆったりとした白いローブを着込み頭には小さな金の冠を載せ杖をついている。ぎっくり腰。

若い頃は肌の色が原因で迫害されたが周囲を憎まず自分も憎まず

単身でこの国へ渡りそこで先代と出会う。「柔は剛を制す」

という言葉に胸を打たれいろんな努力をし続けた結果三代目となった


守護者は眼鏡をかけた聡明な老女

サクチュアリ神 (チート枠) 年齢不詳 性別 不定


名の通りサクチュアリを創った神。最初から国と完全に同化しているので

全ての存在の邪念を消す力がサクチュアリ全土に及んでいる

つまり国に入った時点で敵意や悪意などが一時的にだが完全に消え気分がよくなる

※サクチュアリから出れば元に戻ります




工祐馬 タクミユウマ 人間 男 22

「俺はここ以外にも他の国を見に行ってどうなっているのかが気になるんだ」


家族でこの国に越してきたばかりの好奇心旺盛な青年。行動力がありすぎるのが玉に瑕。見た目は黒髪黄目黄肌


守護者は三つ編みが特徴的な可憐な少女。

教皇と国王

チュリグ王宮に届いた薄い水色が涼やかな印象を与える手紙

チュリグ国王ハサマ様

初めまして、突然のお手紙を差し上げる失礼をお許し下さい。

私サクチュアリ国の×××××と申します。

まずはチュリグ国と交流をしたいと以前から思っておりこれを送りました。

……ですが私は国から出ることが叶いません………

お暇な時で構いませんのでそちらから来て下さると大変有難く思います。

以下省略


王はあの手紙を読み終えるなり今すぐ行こうと提案し近くにいた私を誘い

それに応じ二人でサクチュアリ国に転移しました。


住人がそこら中で二人なのに複数人で話しているような会話をしていたのが気になりましたが

犯罪も起こらず助け合いをしていたりとほんのり温かい雰囲気を感じつつ

待ち合わせ場所になっている小さな館に入りました。


現在そこの一室で長四角のテーブルの周りにある

木製の質素な椅子に向かい合わせで座り教皇を待っていますがもう四時間は経ったと思います。


本棚にあった本も読破済みです。怒りが湧いてこないのが不思議でなりません。


王はというとお菓子お菓子と寝言を言っております。熟睡です。


不意に扉が開くと「遅れて申し訳ありません。少し腰がビキッといきましたもので」と

柔和な笑みを浮かべた枯木のような黒肌の老人が出てくると

一番奥の座布団が載せられた席へ蝸牛くらいの速度で移動し座りました。

ちなみに移動中の杖の音で王が慌てて目を覚ましました


「わあグリムちゃん今誰!?この人何時!?あ外夕焼けきれい!!」


「一旦落ち着いて下さい王よ」

「お酒を飲むといいですよ、どうですかハサマ様。」

飲む!!

「酒で気分が落ち着くのですか?」

「ええ、鎮静効果のあるハーブを沢山使っていてうちの特産品なんですよ。」


教皇が扉に視線を向けるとまた開いて宙に浮いている

お盆に載せられた酒と器が……ん?宙に?浮いて?

「いつもありがとうございますムラサナさん、……これがそのお酒に……」

「…………ええ、お二方もやはり驚きますよね。そうですね、条件を満たさないと認識できない人と思って下さい。」

「……わかりました」「……わかったー」

「それでは、乾杯といきましょうか。」

「「「かんぱーい」」」


酒の感想 確かに落ち着きましたが味が濃すぎてかなり堪えました

いろいろな絵

最近………に当て嵌まるかは微妙ですがアイビスペイントで絵を書き始めました。




f:id:hazukisan:20170727092345j:plain



f:id:hazukisan:20170727091914j:plain



f:id:hazukisan:20170727091919j:plain


定規とか素材背景とかレイヤーの結合とか便利な機能沢山あるのですけど


指ですしやっぱり難しいですね。特に人とかライト系とか

でもいきなり上手くなる方法とかないので(あったらやってる)

タイムラインで見かけたものを模写したりとかしながらやっていこうと思います。

シリアスグロ閲覧注意 魔神

天をも穿つ閃光の一撃ゲイ•ボルグ


地獄の底から這い上がってきたような声と共に放たれた

虹の雷光は白銀の光線ごと国を焼き滅ぼした


___________________________


他国の使いの男が王宮に現れこのような内容の手紙を王に渡した




貴様らは強大だが勝てないというわけではない


真新しい国よ 直ちに降伏し我が国に忠誠を誓え


さもなくば偉大な兵器と勇猛な兵士達で滅ぼす


覚悟を決めろ 全ての準備は終えている

続きの文にはご丁寧に兵器の説明が書いてあったが王はそれに目を通さず


近くにいた側近に視線を向けると側近は使いの首を素早く手刀で撥ねる


その首と身体は床に沈み血溜まりを作り出したが別の側近が炎で蒸発させ


王は無表情で渡された手紙をグシャリと握り潰すと電撃で炭に変えて竜巻で四散させた



途端外の方で騒ぎが起こったため王は玉座から降り窓の方へ足を進めると正拳突きで破壊し


そのまま街へと飛び降り着地すると竜巻で敵を巻き上げ


格好の標的とすることで援護しながらゆっくりと歩く
      


                      

やがてチュリグの最果てとなる浜辺に着くと静かに国へと上昇し始める


上空へ着くと下に映る巨大な砲台が王の目を引いた


暫くの間凝視していると砲台から光の球が収束していく



王もゲイボルグを溜めはじめ同時に準備が終わり一騎討ちの形となった

(短いよ)ラビリンスにて

   夏だ   外出だ   海だ   

 

そんな感じのノリでハサマ一行はラビリンスのビーチに来ていた

 

シーズンなので勿論観光客で賑わっておりその中には見知った者もいる

 

ハサマは屋台には行くが泳いだりはしないでキャスケットを被り食事を楽しみながら荷物番をし

 

グリムはナツメと一緒に水着をレンタルして

浜辺の散歩や遊泳を楽しみそして次々と来るナンパを巧妙に躱す

 

クロマはというとたまたまビーチにいた魔物と比較的人気の無い所で遊んでいた

 

 

意外と団体ではなく個人個人で楽しむ系なのである

※2ch風注意(アイラヴ)アイドル板のとあるスレッドにて

【チュリグの】新人アイドルの二回目のデビューライブ【本気】

 

1 名前:スレ主のチュリグ勢

 

前回はハプニングで開始前に中止になったけど今回はよかったな

 

ナミネ…チュリグ芸能事務所アイドル部門のオーディションで

見事合格したうちの一人(人間)だがスタート早々失敗してしまった

 

2 名前:名無しのチュリグ勢

それな!事前に濡れてもいい格好でとか告知されてたし

 

3 名前:名無しのアイドル好き

 

いやそれ当たり前じゃないのか?確か前回は衣装の紛失と機材のトラブルだったな

 プロデューサーの殺気ヤバかったわ

 

4 名前:チュリグ勢の情報通

 

 プロデューサーとマネージャー以外皆慌ててましたね

他の事務所からの妨害だったようです、その後潰れたようですね

 

5 名前 チュリグ過激派

 

俺が動く前に潰れちゃってたか残念

 

6 名前 スレ主のチュリグ勢

 

>>5

は?脅迫するつもりだったのふざけんなよ馬鹿かお前

 

7 名前 名無しのチュリグ勢

 

>>5

事務所にも俺らにも迷惑かかるだろとりま通報な

 

8 名前:名無しのアイドル好き

 

おまいらもちつけもちつけ、反応した時点で同等になるからな?

 

 

9 名前:チュリグ勢の情報通

 

そうですね、荒らしに餌は与えてはいけませんよ貴方達。

話題を切り替えようではありませんか

 

 

10 名前:スレ主のチュリグ勢

 

>>8

>>9

お前らすまんな、切り替えるか

 

真夏日で野外だったから暑くてさ、凍らせた飲み物で凌ぎながら待ってたよ

 

プロデューサー ハサマ

真夏日で暑いから必ず凍らせた飲み物を持ってきてね!」

 

いつも観客の健康気遣ってくれるよな、あそこ

 

 

11 名前:名無しのチュリグ勢

 

事務所見学したことあるけどアットホームな雰囲気だった

 

 

12 名前:スレ主のチュリグ勢

 >>11

お前見学したことあんの?いいなー

 

13 名前:チュリグ勢の情報通

 >>11

事務所の方々はどうでしたか?

 

14 名前:名無しのチュリグ勢

 

>>12

いいだろ?アポ取ってないのに受け入れてくれたんだ、珍しいよな

>>13

マネージャーに会ったけど雰囲気が硬かった、綺麗だったけど

 

15 名前:名無しのアイドル好き

 

………言いづらいんだが話戻さないか?

 

16 名前:スレ主のチュリグ勢

>>15

お、そうだな(今気付いた)

真夏日なのと開始が遅いから大体の奴がイラついてたよ、まだかまだかってな

 

17 名前:名無しのチュリグ勢

 

そんな時にライブ始まったんだよな、あのミストシャワーは勢いよくてビックリしたわ

 

続けざまに水がバシャッと降りかかってきて

観客席が「つめてっ!」の合唱で苛立ちも消えた

 

18 名前:チュリグ勢の情報通

 

出てきたナミネさんチュリグにしては珍しく華のある衣装でしたね、青のフリル控えめ和ゴスでしたか。

 

19 名前:名無しのアイドル好き

 

チュリグは元々ファッションで大成してたんだろ?

 

20 名前:スレ主のチュリグ勢

 

>>19

なのにアイドルのは基本的に地味な奴なんだよ

 

21 名前:名無しのチュリグ勢

 

顔が良いと何でも似合うよな、チュリグ本気出したのか?

 

22 名前:スレ主のチュリグ勢

 

端の方でマネージャーが珍しくドヤ顔?してた、出したな。

ナミネ「みんなー!今日は私のために集まってくれて有難う!」全方位涙ありスマイル

 

これに惚れた奴、挙手ノ

 

 

 23 名前:名無しのアイドル好き

 

ノ 前回ハプニングとはいえ中止になったからな……

 

24 名前:名無しのチュリグ勢

 

ノ それでも来てくれたから嬉しかったんだろ……

 

25 名前:チュリグ勢の情報通

 

ノ 後光が……差してましたね……

 

26 名前:スレ主のチュリグ勢

 

歌ってたのは有名な曲のカバーだけど歌唱力凄かったな………滴る水のせいもあってか色気あったわ……

 

27 名前:チュリグ勢の情報通

 

サビの時とか特にコールが盛り上がってましたね

 ところでコールの時一際大きな声があったのですがそれは誰だか分かりますか?

 

私服姿のキョクゲイシの皆さんですよ

 

28 名前:スレ主のチュリグ勢

 

 

29 名前:名無しのチュリグ勢

 

 

30 名前:名無しのアイドル好き

 

 

 31 名前:チュリグ勢の情報通

 

マジですからね?

 

 

32 名前:スレ主のチュリグ勢

 

もしやとは思ってたんだがまさか本物とは

 

33 名前:名無しのアイドル好き

 

全然気付かなかったわ……熱狂的な奴等かと思ってた……

 

34 名前:チュリグ勢の情報通

 

ナミネ「アナタの」

キョクゲイシ「アナタのー!」

私達「アナタのー!」

 

ナミネ「全てに」

キョクゲイシ「全てにー!」

私達「全てにー!」

 

ナミネ「……幼く、委ねたい……」

 

グッズまで持参してましたねあの方々……

 

35 名前:スレ主のチュリグ勢

 

本気と書いてガチと読む奴だ………

 

36 名前:名無しのアイドル好き

 

ハードルとか上げなかったのか………?

 

37 名前:名無しのチュリグ勢

 

>>36

 

いや、気付いたのか物凄く嬉しそうな顔をしてたぞ

 

38 名前:スレ主のチュリグ勢

 

そういえばキョクゲイシの後ろに一言も喋らない黒スーツの大男がいたけどあれBGか……?

 

39 名前:チュリグ勢の情報通

いや、BGは付けないようですが……真夏だというのに長袖でしたね……

 

40 名前:名無しのチュリグ勢

 

なんか怖いな、BGじゃないとしたら何者なんだ……?

 

41 名前:名無しのアイドル好き

 

……考えても仕方の無いことかもしれない……

 

42 名前:スレ主のチュリグ勢

 

とりあえず謎の男は一旦やめて他の話題にしようぜ……

 

43 名前:名無しのチュリグ勢

 

賛成

 

44 名前:名無しのアイドル好き

 

賛成

 

45 名前:チュリグ勢の情報通

 

賛成

 

 

46 名前:スレ主のチュリグ勢

 

よし、まずはプロデューサーのことからで

 

 

 

 

_チュリグ芸能事務所最上階_

 

「社長ー?またRomってるのー?」

 黒と金の豪奢な扉越しに声を掛け私は部屋へ入ると

社長はアームチェアに腰掛けPCに頬杖をつきながら向かい合っていた

相変わらずふかふかの絨毯を踏みながら近づいてみると

画面には某大型掲示板(の中のスレッド)が映し出されていて私は画面を閉じた

▽ おや いつの間にか来ていたのかプロデューサー 

その声はアルファじゃないのにノイズがかっている

「いや気付いてたでしょ、いつもそれ見てるけど楽しいの?」

 ▽ 楽しいな 立場上発言は一切していないがこちらの方が慣れている

「楽しそうでなによりだねー。」

▽ まあな 

 「ところでこんどやるファッションショーの事だけど…………」

▽ アレか それがどうしたのだ?

 

(ここら辺からスレッドでは雑談が行われこいつらは打ち合わせをしていました)